阿川佐和子の結婚相手は元大学教授!父親とのエピソード!

阿川佐和子 結婚

ビートたけしのTVタックルでおなじみの作家の阿川佐和子が、ちゃっかり結婚していたことが報道されました!

63歳で結婚し「まさかこの歳で名字が変わることになろうとは・・・」と本人も言っている通り、それは周りも思っていると思います(笑)

結婚相手は元大学教授ということで、この結婚に対する父親とのエピソードもご紹介します!

スポンサーリンク

阿川佐和子の名前の由来がすごい!父親とのエピソード1

阿川佐和子は作家ですが、実は父親の阿川弘之も作家でした。

そんな父親が阿川佐和子の「佐和子」という名前を付けた理由がなんだかすごい(笑)

阿川佐和子には兄の阿川尚之がいますが、尚之が生まれる際に弘之はなぜか女の子の名前しか考えていませんでした。

 

なので、出産を聞いて病院へ向かう途中に通りかかった墓地の名前「南尚之」が見えた為に、その名前をそのまま付けたのです(笑)

これだけでもかなりビックリですが、佐和子が生まれた際には同じ墓石の「南佐和子」という名前をそのままもらったのです。

後にこの全くの他人の墓地から名付けられた名前に対して佐和子は「名前を貰って申し訳ない」と語っています。

ほんとすごいエピソード!!

スポンサーリンク

阿川佐和子は新幹線のぞみの名付けの親!父親とのエピソードその2

新幹線のぞみと言えば、誰もが知る新幹線の名前ですが、この「のぞみ」は阿川佐和子が命名したのです(笑)

父親の阿川弘之は大の鉄道マニアだったこともあり、新幹線の名称決定委員に選出された時に、「日本の鉄道は歴代全てに大和言葉で付けられてきた」というアドバイスを受けたのです。

このアドバイスがきっかけで最終候補に残っていた「希望」という言葉を大和言葉に置き換え「のぞみ」とし、それが最終的に採用されたのです。

すごい親子(笑)

 

阿川佐和子の結婚相手と父親とのエピソード

そんな阿川佐和子がついに結婚しました!

結婚相手は元大学教授で69歳ののほほんとした人物。

趣味はゴルフと数独だそうです。

 

阿川佐和子の父親である阿川弘之は、すでに亡くなっていますが、実はこの元大学教授との結婚に関して「お前が幸せになれるならそれでいい」というようなことを言われたそうです。

2015年に亡くなったので、この元大学教授とは最低でもそれ以前からの付き合いだったのです。

どうやって知り合って、なぜ結婚までに至ったのかは、分かり次第また追記します!

スポンサーリンク

阿川佐和子 結婚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です