井上真央の現在!復帰映画「焼肉ドラゴン」あらすじネタバレ!松本潤とは破局したのか?

井上真央 映画

女優の井上真央が芸能活動を休止していましが、ついに復帰したとの報道がありました!

復帰は映画だということで、まだ映画名などは公表されていませんがおそらく「焼肉ドラゴン」だと思われます!

松本潤といろいろあるようですが、すでに破局したとも言われていますが果たして・・・

井上真央の現在!復帰映画「焼肉ドラゴン」あらすじネタバレ!

女優の井上真央が芸能活動を休止していましたが、ついに再始動で復帰したことが報じられました!

井上真央はなんだか色々あって、元事務所「セブンス・アべニュー」から独立し、新しい事務所「アン・ヌフ」に移籍しています。

この事務所移籍では、松本潤との関係が絡んでいるとされていますが、それは後ほど!

 

井上真央は4月から芸能活動を再開し、京都にて映画を撮影したとのことでした。

この映画については、タイトルが(2017年5月15日時点で)公開されていませんが、内容は以下の通り。

井上が撮影に参加していたのは’70年代の大阪で焼き肉店を営む在日朝鮮人の一家を描いた物語。’08年に舞台で上演されて以来、高い評価を得た作品を映画化したものだ。

「主演は井上さんで、恋人役を映画主演クラスの超有名俳優が演じます。また、舞台を演出したチョン・ウイシン氏が初のメガホンを取り、来年春の公開を目指し精力的に撮影してますよ」(同・映画関係者)

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00009669-jprime-ent

ということで、舞台名が分かれば映画名も分かるだろうと思い、2008年にすでに舞台上映されていて、舞台を演出したのはチョン・ウイシンということで、調べて見ると・・・

焼肉ドラゴン

そう舞台名は焼肉ドラゴンでした!

 

まあ映画がこのままの名称で行われるかどうかは分かりませんが、おそらくそのまま使われるでしょう。

それでは焼肉ドラゴンのあらすじネタバレをご紹介します!

金龍吉は第二次世界大戦に従軍して左腕を失い、四・三事件で故郷の済州島を追われて来日した高英順と再婚する。龍吉は長女・静花と次女・梨花、英順は三女・美花をそれぞれ連れており、二人は国有地を不法占拠した集落で焼肉店「焼肉ドラゴン」を開業し、やがて長男の時生が生まれた。

作中では1969年春から物語が始まり、中学生となった時生が「僕はこんな町大嫌いだ!」と屋根の上で叫ぶ。梨花は李哲夫と結婚パーティーを挙げようとしていたが、区役所の窓口で担当者と哲夫がケンカして婚姻届を提出できなかった。夏になると国有地から立ち退くように一家は通知を受け、有名私立中学に通う時生はいじめにあって不登校となる。哲夫が働かないこともあって梨花は立腹し、かつて付き合っていた静花の事をまだ好きなのではないかと責める。これを気にした静花は尹大樹と付き合うが哲夫はそれでも好意を捨てず、梨花も常連客の呉日白と関係を持つようになった。

いじめが続いて時生は失語症となり、美花は勤め先のクラブの支配人の長谷川との不倫が明らかになる。冬になり静花と大樹は婚約したが、そこに哲男が現れて静花に一緒に北朝鮮へ帰国事業で移住する事を求め、静花はこれに応じる。留年した時生に対してそれでも学校に通うよう龍吉は説得するが、時生は屋根から飛び降り自殺をしてしまう。1970年になり、妊娠した美花と結婚するため長谷川は妻と離婚した。土地の収容に訪れた公務員に、龍吉はこの土地は自分が買ったものだと主張し、感極まって「戦争でなくした腕を帰せ」、「息子を帰せ」と叫ぶ。

1971年春、ついに店は取り壊される。哲夫は帰国事業で二度と再会できなくなる未来を暗示するように記念写真をしつこく撮り、梨花は呉日白と韓国へ移住、三女の美花は長谷川と日本でスナックを経営して一家は離散する。龍吉と英順はリヤカーに荷物を載せて去り、死んだ時生が屋根の上に現れて「アボジ!オモニ!本当はこの町が大好きだった!」と叫ぶ中で桜の花びらが降ってくる。

井上真央 映画

1 個のコメント

  • 真央ちゃん大好き❣️
    お仕事頑張ってる姿を又みれるなんて嬉しいです
    幸せへの選択肢、応援してます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です