矢部浩之の手足口病はうつる?大人の感染経路/症状/治療法!

手足口病

大人気お笑い芸人の矢部浩之がABCテレビの「ナインティナインの発足!熱血アピール部もっと好きと言って!」で、大人になって手足口病になったことを明かしました!

実はこの病気は大人になってから発症する確立がかなり低く、矢部浩之はかなりの低確率で感染したのです。

手足口病は伝染るのか?感染経路や症状や治療法を調べてみました!

矢部浩之の大人の手足口病はうつる?感染経路や症状は?

矢部浩之が発症した手足口病ですが、名前だけ聞くと知らない人にとってはどんな病気か分からないですよね。

手足口病は、口の中や手のひらや足の裏など、その名の通り手足口付近に水疱(すいほう)・潰瘍(かいよう)・発疹・咽頭の腫れ・発熱・だるさなどの症状が出ます。

初期症状としては、まず口の中に白い発疹が出て痛み、その後手足に広がります。

 

大人の感染率は0.6%とかなり低確率ですが、これらの症状が重症化する場合もあります。

水疱が潰瘍(表面組織が欠損して下部組織になる)ことや、発疹の痒みや痛みが重症化、さらに発熱時に高熱が出ることが稀にあります。

 

手足口病はエンテロウイルスというウイルス性の病気で、人に伝染ります。

手足口病の多くは乳幼児が発症する病気で、子供が小さい場合は、おむつ交換時にウイルスが付着し、上手く手洗いが出来ていないと感染してしまいます。

矢部浩之は子供が長男が幼稚園児、次男がまだ小さいので、子供からの感染の可能性もあります。

 

スポンサーリンク

手足口病

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です