映画「検察側の罪人」ネタバレあらすじ!木村拓哉&二宮和也共演!

検察側の罪人 映画

映画「検察側の罪人」でなんと元SMAPの木村拓哉と、次世代のジャニーズ事務所を担う嵐の二宮和也が初共演!

それだけでもかなり注目されているのですが、映画の原作となった小説「検察側の罪人」の評価も高く、映画の内容自体も高いので、要注目の映画です!

あらすじやネタバレもご紹介していきます!

スポンサーリンク

映画「検察側の罪人」あらすじ&ネタバレ

映画「検察側の罪人」は雫井脩介の小説が原作。

 

検察側の罪人あらすじ

東京地検のベテラン検事・最上毅と同じ刑事部に、教官時代の教え子、沖野啓一郎が配属されてきた。ある日、大田区で老夫婦刺殺事件が起きる。捜査に立ち会った最上は、一人の容疑者の名前に気づいた。すでに時効となった殺人事件の重要参考人と当時目されていた人物だった。男が今回の事件の犯人であるならば、最上は今度こそ法の裁きを受けさせると決意するが、沖野が捜査に疑問を持ちはじめる――。

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/4163824502?_encoding=UTF8&deviceType=desktop&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

この原作では、上司と部下がそれぞれの信念と正義を掲げ、二人の葛藤や心境の変化がかなりうまく描かれている作品です。

 

 

検察側の罪人ネタバレ

主人公は二人。

司法研修の講師をするほどの検事として活躍している最上毅。

そしてそんな最上のことを、研修時代から尊敬している最上の元に配属された沖野啓一郎。

 

ある日、大田区で老夫婦刺殺事件が起き、この事件について捜査に立ち会った最上。

その事件の犯人として容疑者となったのは松倉。

実はこの松倉は過去に、最上が忘れもしない事件に関わっていた。

 

最上は法学部の学生時代、学生寮に住んでいたが、当時この寮で管理人夫婦の娘の殺人事件が起こる。

その管理人夫婦の娘である中学生の少女は、最上が家庭教師をしていた少女。

この一件で、容疑者として名前が上がったのが松倉だった。

 

しかし、当時容疑者として最有力候補だった松倉はなぜか不起訴処分となる。

そんな松倉が、今度は検事となった最上の前に、再度老夫婦刺殺事件の容疑者として現れたのだ。

このことから、最上は必要以上に松倉を犯人として追い詰めようと奮闘する。

 

老夫婦刺殺事件の容疑者として警察に連行された松倉は、過去の中学生少女への犯行を認めたものの、事件はすでに時効。

スポンサーリンク

しかし、老夫婦刺殺事件の事件での犯行は完全否定し、無罪を主張。

何としてでも最上は、今度こそこの松倉を起訴し裁判で裁こうとするが、決定的な証拠が見つからない。

 

そんな最上は松倉を追い詰めたいが為に、部下の沖野に証拠集めを任せることに。

しかし、最上に対して絶大な信頼を置いていた沖野だったが、最上の私怨丸出しのやり方に疑問を感じ始める。

最上はなんとしてでも松倉を起訴したいが為に、証拠をでっち上げたのだ。

さらに、最上は真犯人と関わりを持ち、犯行に使用した凶器を手に入れた挙句に、真犯人を殺害してしまい埋めるという犯罪者に。

 

沖野自身も最上動揺に自分の正義を持っていたことから、沖野は葛藤し、精神的に追い詰められ一つの決断をする。

検事を辞めて弁護士の道へ進むという決断を。

結局、今回最上が犯人に仕立て上げた松倉は、最上が思っていた通り過去の中学生殺害事件の犯人であり、時効となって逃げ切っていたのだ。

そんな松倉が無罪を勝ち取り、真犯人を殺害した最上が逮捕されるという結末。

なんとも後味の悪い結末ですが、見事に正義とはなにか?という描写や、最上と沖野の心情や葛藤、入り乱れる事件の真相などが描かれている作品です。

最上の正義は間違っていなかったと思いたいのですが、犯罪にまで手を染めて松倉を起訴したことに関しては、切なくなりました。

 

 

沖野もそんな最上を心底信頼し、最上のために動いていたのですが、やはり自分の正義には反するという葛藤も素晴らしかったです。

まさに、検察側の罪人というタイトルにふさわしい内容でした。

 

映画「検察側の罪人」木村拓哉&二宮和也共演!

今回は最上を木村拓哉が演じ、沖野を二宮和也が演じます!

SMAP時代には考えられなかった、キャスティングですね。

SMAP時代は、とにかく他のジャニーズメンバーとの共演は避けられていました。

 

SMAPはジャニーズの絶対的存在だったのですが、今や解散しそのしがらみが無くなったことで、この夢の共演が実現しました。

木村拓哉はHEROで検事役としての経験がありますし、二宮和也は各方面の関係者から演技力については絶賛されています。

そんな、元ジャニーズの演技派と、現ジャニースの演技派のトップレベルの二人が共演するのですから、そりゃあもう注目されるわけです。

 

今回の検察側の罪人では、最上と沖野の正義と複雑な心境や葛藤を演じきるには、この二人でなきゃいけないと監督も思ったのではないでしょうか。

映画「検察側の罪人」は2018年公開予定です!

スポンサーリンク

検察側の罪人 映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です