【無限の住人】映画ネタバレ感想!木村拓哉や福士蒼汰の演技

無限の住人 映画 感想

SMAP解散後のソロとして初主演となる映画「無限の住人」の感想(ネタバレ)をご紹介します!

原作は読んだことないだけに、すごく気になっていた映画でもあったので、どうなのか期待していました!

映画としてどうなのか?木村拓哉や適役の福士蒼汰の演技はどうだったのか?

映画「無限の住人」あらすじ

「無限の住人」は月刊「アフタヌーン」で連載されていた、沙村広明の漫画作品です。

あらすじを簡単にまとめると、剣客もの(雰囲気は「るろうに剣心」っぽい)です。

無限の住人あらすじ

逸刀流という剣客集団に両親を殺された少女の凛(杉咲花)は、逸刀流に対して復讐心をメラメラ燃やしていました。

そんな、凛はある時「不死身の侍」の存在を老婆から聞きます。

探しまくってようやく見つけたのは万次(木村拓哉)。

万次には妹がいましたが、その妹を失ってからというもの、生きる目的を失っていましたが、妹に似ている凛の復讐を聞き、逸刀流を討つという目標を持つことができ、凛と共に逸刀流とその頭領である天津影久(福士蒼汰)を討つために、動き出すのでした。

 

映画「無限の住人」映画ネタバレ感想!木村拓哉や福士蒼汰の演技

監督はあの三池崇史監督で、テラフォーマーズやジョジョの実写化である意味どよめかれている監督の作品なので、どうかと思っていましたが、無限の住人は特段とおかしなところはなかったものの、特段と評価できるところも少ない作品でした。

今回の映画では、激しいアクションシーン以外はほぼBGM無しで、2時間超えの長編にも関わらず、ストーリーの緩急があまりなく、バトルシーン以外はやはり退屈な映画でした。

 

個人的にるろうに剣心が好きだったので、るろうに剣心でいう「十本刀」と「逸刀流の精鋭剣士」、さらに「志々雄真」と「天津影久」という存在が、似ていてストーリーとしては分かりやすかったのかなと思います。

 

冒頭のモノクロ100人斬りのシーンとクライマックスの300人斬りのシーンは映画館で見るとやはりそれなりに迫力はありましたし、木村拓哉もやはり「キムタクここにあり」という感じで、万次役をこなしていましたが、やはりセリフなどで「キムタク」を出しすぎていたかも。

そして、万次も不死身に頼りすぎているのか、結構攻撃されたりして、強いとは思えませんでした(笑)

しかしながら、天津影久役の福士蒼汰が、なんというか「小物感」が感じられ、役に合っていない感じがしました。

スポンサーリンク

無限の住人 映画 感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です