【人は見た目が100%】3話ドラマ感想とネタバレ!

人は見た目が100%

桐谷美玲と水川あさみ、さらにブルゾンちえみ主演のドラマ「人は見た目が100%」の第3話の感想と、ネタバレをご紹介します!

今回も城之内純、前田満子、佐藤聖良が女子力を磨くために、奮闘していました!

今回は純と榊の距離が近づいた!?

ドラマ「人は見た目が100%」第3話ネタバレ

今回は純がイケメン美容師の榊圭一に「髪が綺麗だね」と言われハートを撃ち抜かれた、あとの話になります。

研究室で榊との話をしていると、満子が「それは恋じゃない?」と言われかなり動揺する純。

その後、研究室に國木田がやってきて、松浦が怒っているから「身なりに気を使え」と忠告されます。

 

國木田から身なりに対するアドバイスをもらいます。

「誰か好きなモデルや女優などの、お手本を見つけろ!」

友達で誰かいないか考えるも純は「友達がいない」ことに気づきます(笑)

 

その後、純が仕事帰りに岸根と森村から合コンに誘われます。

その合コンの相手とは、美容師でまさかの榊圭一がそこにいたのです!

翌日、研究室にて合コンの話をする純。

 

合コンでは榊から、研究内容はなにをしているのかなど聞かれます。

あまりの緊張に、ほぐそうとして榊を人体模型のように想像して、セルロースナノファイバーのことを淡々と話していました(笑)

そこで、今回の課題は合コン。

 

純は岸根と森村を観察。

岸根と森村はとにかく相手の話を聞きまくり、相槌を打つだけ。

でも、合コンの基本「さしすせそ」を守っているだけと聖良が指摘。

 

さらに、テラスで飲む際に敢えて薄着をして、男から上着を借りるというテクも。

そして、最後の会計の際には、財布を出すフリして男に「私も払いますよ」という雰囲気を出すこと。

これらのテクニックが、松浦に認められる為に必要なのか疑問に思う満子。

 

 

そこで、今回の研究内容はオフショルダー。

モテ服No.1として服を取り寄せますが、聖良が着ると裸の大将のような下着が見えるだけ(笑)

寒さ対策の為に、オフショルダー用の肌着を着るも、丸尾と三沢から「洗濯失敗したんですか?」「ハンガーのかけ方気をつけないと」と指摘されてしまいます。

 

そこに國木田登場!

オフショルダーの基本は胸や肩ではなく、鎖骨だと教わります。

いきなり始まった鎖骨体操。

鎖骨の下あたりを軽く指圧、指で挟んで外側へ。

さらに肩を回すという体操。

 

さらにメイクで鎖骨を強調するというテクを伝授されました。

てか、みんなキレイな鎖骨です(笑)

次の日は、みんなオフショルダーじゃなくなってた・・・

 

乾燥機にかけて縮ませて普通の服になったというオチでした。

その後、純は榊と再度会い、名刺を渡されます。

相変わらず、人体模型を想像してなんとか乗り切りました。

 

スポンサーリンク

人は見た目が100%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です