熱中症の症状は1日で治る?ほてりや頭痛や嘔吐の治し方!子供の対処法!

シェアする

20120625084546

どうも、Answerです!

相変わらず暑いですが、いかがお過ごしですか?

今回は熱中症について。かかった特の対処のしかたを中心に書いていきます!

スポンサードリンク

熱中症は1日で治るの?

そもそも「熱中症」というのは、高温多湿な環境で、

  • めまいや顔のほてり
  • 筋肉痛や筋肉の痙攣
  • 体のだるさや吐き気
  • 汗のかき方がおかしい
  • 体温が高い、皮膚の異常
  • 呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない
  • 水分補給ができない

などの症状が出る病気です。

つまり、これらの症状がすべてなくなってはじめて「完治」ということができるわけですが、熱中症にかかってから完治するまでの期間はというと、

健康体の人でも2、3日人によっては1週間以上と個人差あり

ということみたいです。

1日では治らない病気のようなので、1日休んで体調が上向いても「治った!」と思うのは危ない、ということですね。

くれぐれも気をつけましょう。

熱中症はどうやって治せばいいの?

熱中症治療のポイントはズバリ、「体温を下げること」です。

そのためにどうすればよいかというと、

  • 涼しい部屋に移動する
  • 衣服をゆるめ、風通しをよくする
  • 体を冷やす
  • 失われた水分やミネラルを定期的に補給する

あたりになりますかね。

「ほてり」であれば、涼しい部屋に移動するとか、冷水を浴びるとかです。
あとはアイスを食べること(笑)
これは私なりの冷やし方ですが、体の内側から冷やすという素人考えからなのですが
ほてりの度合いが和らぐのです。

「頭痛」「嘔吐」に関しては、熱からくるものなので
やはり涼しい場所で適切な水分補給をしながら、体の体温を冷やすことが大切です。

スポンサードリンク

ほてりの症状にも言えますが、体を冷やすポイントとしては
血流の多い場所(首筋、脇の下、太ももの付け根など)をピンポイントで
アイスノンなんかで冷やすと、冷えた血液が体に行き渡ります。

嘔吐で水分補給が出来ないときは、とにかく涼しい部屋で
体温を下げることに重点を置いてください。

また、熱中症を予防するためには何が大事かというと、

  • 暑さに対する工夫をする…通気性の高い服を着る、帽子や日傘で日差しを避ける、など。
  • 暑さから身を守るアクションをとる…水分補給、こまめな休憩、など。
  • 暑さに強い体を作る…ふだんから栄養バランスを考えて食事する、睡眠を十分取る、など

あたりでしょうか。特に3つ目はすごく大事なんじゃないかと思います。

子供が熱中症に!どうすればいいの?

子供の熱中症の場合、大人のそれより大変なことがいくつかあります。

まず子供は大人より弱いので、ちょっとした症状でもダメージが大きくなってしまうこと。

そして子供は熱中症の症状を周りの大人にうまく伝えられないこと。

なので、親が少しでも早く気付いてあげることが必要になってきます。

子供を見て「これは熱中症なんじゃないか?」と疑った方がよい状態とは、

  • グッタリする…こうなったらまず体温を測ること。平熱より高ければ、熱中症の疑いありです。
  • 唇がカサカサになる
  • おしっこに行かなくなる
  • 顔色がドス黒くなる。…この3つは脱水症状のサイン。これも熱中症を疑った方がよいと思います。

子供がこれらの状態になったら、すぐに病院へ連れて行きましょう。

まとめ

まだまだ暑くなりますが、熱中症にならないよう、常日頃から気をつける必要があるんですね。

熱中症に負けず、暑さを乗り越えていきましょう!!

スポンサードリンク
いいねよろしくお願いします!
熱中症の症状は1日で治る?ほてりや頭痛や嘔吐の治し方!子供の対処法!
この記事をお届けした
Answer Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする