貴族探偵の視聴率低下がヤバい理由!打ち切りの可能性は?

貴族探偵

貴族探偵はフジテレビが近年の月9ドラマ視聴率不振で打ち出した、30周年ということもあり、かなり気合の入っているドラマのはずですが・・・

初回の視聴率から大幅ダウンという結果に・・・視聴率がヤバい理由を調べてみました!

今後の打ち切りの可能性はあるのか!?

スポンサーリンク

貴族探偵の視聴率低下がヤバい理由

フジテレビやっちまったなー!!って感じですね。

月9ドラマが始まってから30周年という記念の年に、満を持して作り上げた渾身?の作品の視聴率が初回から3.5%も暴落しました(笑)

出川哲朗が「ヤバイよヤバイよー」と叫んでる姿が目に浮かびます。(出川関係ないけど)

 

ということで、貴族探偵がなぜこんなにも視聴率が急落下したのか理由を考えてみました。

皆さんだいたい察しがつくかと思いますが・・・

 

貴族探偵の視聴率低下理由その1 相葉雅紀の演技

これはもう致命的としか言いようがないですね。

当ブログでも相葉雅紀の演技についての記事を書きましたが、これが大きな理由の一つであると思います。

SMAP解散後、ジャニーズは嵐を頼りにしているので、相葉雅紀を推してきたという経緯もあるのでしょうけど、なぜ相葉だったのかは謎です。

意見として多いのは、櫻井翔の方がまだ良かったという意見。

 

実際にドラマを見ると、当初の話題性はかなり高かったのですが、やはりドラマとしての演技力では・・・もはや貴族という役柄が合ってないです。

そして、特に目立つのが棒読み具合。

久しぶりの主演演技ですが、演技力のなさを全面に押し出していることがいち早く察知できる点です。

いくら相葉雅紀好きで見ていたとしても、ちょっと抑えきれないものが出てくるでしょう。

 

さらに、気合を入れて制作した為、キャスティングがかなり豪華ですが、周りが優秀すぎるが故に、これが相葉雅紀の棒演技を目立たせています。

ドラマ内では、優秀すぎる周りの人物を利用して、貴族探偵が事件を解決していきますが、現実でも周りは優秀ですが相葉雅紀は視聴率低下を解決出来そうにありません・・・

相葉雅紀 貴族探偵の演技が下手な理由が判明!

スポンサーリンク

 

貴族探偵の視聴率低下理由その2 ストーリー

主演である貴族探偵が「何もしないで事件を解決していく」というのが売りなはずなのですが、根本のこのストーリー自体がすでに疑問です。

だって、主演の相葉雅紀演じる貴族探偵は本当に何もしない(笑)

これ貴族探偵の存在意義があるのか?と思ってしまっていますが、原作を読んだ人の意見では「原作もあんな感じ」ということで、原作に忠実なドラマになっていることは間違いありません。

 

しかし、ドラマとして視認できる形になった以上は、やはり面白さを見出したいとことですが、なかなか見つける方が難しいです。

さらに、コメディもあるのですが「ミステリーとしての緊張感がない」との声もあり、ストーリー自体にも理由はありそうです。

続きが気にならないミステリードラマなんて、ドラマ化失敗したようなものです(笑)

 

 

貴族探偵の打ち切りの可能性は?

さすがにあれだけ気合を入れて制作しただけに、打ち切りなんてあり得ないでしょう。

キャストが豪華な時点でギャラも高額ですし、貴族探偵ということでセットも作り込まれています。

他局のドラマよりも制作費は圧倒的にかかっていることを考えると、なんとしてでも打ち切りなんて最悪な結果は阻止してくるでしょう。

 

さらに主演に相葉雅紀なので、ジャニーズも敵に回すことになります。

フジテレビにとっては、視聴率不振が続いているだけに、なんとしてでも、今後の視聴率回復を図りたいところ。

第3話ではあの千年に一度の美少女と言われ、実写映画「銀魂」にも神楽役で出演した橋本環奈が出演します。

 

これで視聴率が上がればそれで良いのかもしれませんが、なんか、今後ゲストでなんとか繋いでいく感じになるのかと思うと、華の月9も地に落ちたなと思わざる負えません。

ドラマ自体の面白さで視聴率を上げているわけではありませんからね。

果たして今後どうなるのか、視聴率に注目していきます!

スポンサーリンク

貴族探偵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です