格安スマホ(MVNO)デメリット知りトラブルを回避しよう!

格安スマホ デメリット 

格安スマホと言えば、すでにかなりの会社が参入し、どれを選んだら良いのか迷うほど様々なサービスを展開しています。

そんな中、大手キャリア(Docomo・au・SoftBankなど)からの乗り換えからのトラブルが増えている様子。

大手キャリアから格安スマホ(MVNO)に乗り換える時のデメリットをまとめてみましたので、今一度確認してみては?

格安スマホ(MVNO)の仕組みやメリット

今や格安スマホが当たり前の時代になりましたね。

格安スマホは呼んで字の如く、料金を格安で使用できる通信・通話サービスのことです。

メリットはとにかく料金が安いこと。

 

その料金は、大手キャリア(Docomo・au・SoftBankなど)よりも確実に安くなり、使い方次第では1/10ほどの料金まで携帯代を減らすことも可能です。

使い方も、個人の必要最低限の使い方に応じた細かな契約が出来るという点も魅力です。

実際に私の知り合いも、必要に応じた契約で、格安スマホにして料金の削減を行っています。

 

そんな格安スマホは別名「MVNO」と呼ばれていて、これは「mobile virtual network operator」の略。

大手キャリアのように、自社で回線を持っているわけではなく、大手キャリアの回線の使用していない部分をレンタルしていて、さらに、回線を自社で持つMNO(Mobile Network Operator)とは違い、免許や設備が不要なので、その分料金も安く設定してもOKな事業者なのです。

だからこそ、新規参入がしやすいので、爆発的にMVNO業者が増えてきました。

これだけ見ると、大手キャリアからの回線のレンタルなので「通信速度や通話品質などが大手キャリアとあまり変わらないのでは?」と思う人がいるかもしれません。

 

格安スマホ(MVNO)のトラブル?増加!

「安くて大手の回線を使っている」ということから、それなら安いほうが良いよねってことで乗り換える人が多いわけですが、まあ安いにはそれなりの理由があることも覚悟しておかなければなりません。

国民生活センターには格安スマホに関するトラブル?相談がかなり増えているとヤフーニュースでも紹介されていました。

「格安スマホ」は、MVNOと呼ばれる事業者が大手キャリアから回線を借りて提供しているもので、利用料金が安いのが特徴だが、昨年度、国民生活センターに寄せられた相談は1045件と、前年度の2.8倍に急増している。特に、「問い合わせ先が電話窓口しかなく、つながりにくい」「修理期間中に代替機の貸し出しサービスがない」などの相談が多いという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170413-00000042-nnn-soci

これをトラブルと言うべきなのか、私はちょっと疑問な部分もあるわけです。

というのも、やはり事業者は慈善事業でやっている訳ではありません。

いくら大手の回線を使用して料金が安いからと言って、価格の高い大手キャリアと同じ感覚で使用出来ると思わないのが無難です。

 

格安スマホ(MVNO)のデメリット!安い理由!

まず、安いということはそれなりに別の部分を削って安くしているということを認識しなければいけません。

安いにはそれなりに理由があるとういことを、予め認識しておくだけで、事前のトラブルはある程度防げますし、もし何かしら問題が起きたとしても「安いからな」と納得も出来ます。

格安スマホの安い理由は、それすなわちデメリットとも言えることなので、分かる範囲でまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

格安スマホ デメリット 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です