浅田真央が今まで引退出来なかった理由はドル箱だったから!?

国民的フィギュアスケーターである浅田真央が引退を発表しましたが、この引退には「よくその状態でここまで頑張ったな」という声があります。

数年前から、引退が囁かれていましたが、それでも浅田真央が引退したくても出来なかった理由が「大人の事情」だったという噂が。

果たして、浅田真央はスケート連盟のドル箱だったのか・・・

浅田真央が引退

「すごい人だった。そこまで頑張るか?ってこちらが思うくらいやっていた。極限まで頑張った。これだけは間違いない。偉大なスケーターでした」

引用:http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170411-OHT1T50057.html

これは2010年から浅田真央のコーチをしていた佐藤コーチの言葉です。

この言葉からも分かるように浅田真央は、数々の世界的な大会で金・銀・銅を取り続けてきた誰もが知る国民的スターです。

これまで、浅田真央の凄さはその演技やジャンプ、そして結果が物語っていましたが、引退については2014年頃から囁かれ始めます。

 

2014年には世界フィギュアスケート選手権が行われ、浅田真央は見事に金を取っています。

しかし、この金を最後にその後成績が落ち始めるのを悟るかのように、浅田真央は引退を考え始めたのです。

実際にその後は、休養などを経て再復活していますが、世界レベルでの成績は芳しくなく、3位以内の成績を収めることが出来なくなりました。

 

それは2016年に入り、顕著に現れ始め、グランプリシーズのアメリカ大会では6位、フランス杯では9位、さらに全日本選手権ではなんと12位という結果になり、ついに世界選手権代表まで逃したのです。

浅田真央はすでにボロボロの状態だったということです。

それでも、2014年頃から囁かれていた引退がしたくても出来なかった理由がやはり大人の事情である金儲けが絡んでいたと思われます。

 

浅田真央が引退出来なかった理由は金儲けか

浅田真央は単なるスポーツ選手ではありません。

その実力や人柄から、これまでメディアやスケート界、企業に対してかなりの経済効果を生み出してきたのです。

 

フィギュアのチケットの売上に対する黒字の数字を見るとよく分かります。

2005年に約6400万円だった黒字が、浅田真央がもたらしたフィギュアブームによってなんと2013年には約11億円にまで増えているのです。

フィギュアブームを生み出した立役者であると言っても過言ではありません。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です