小林麻央余命最新は?咳で肺転移は末期なのか?

病気

小林麻央の乳がんステージ4は末期だということはすでにご承知の通りですが、そんな末期状態を感じさせない勢いでKOKOROブログを更新し、家族との時間を過ごしています。

しかし、4月に入り咳がひどく苦しいとの報告もあり、乳がんの末期である全身転移による肺への転移の進行ですね。

果たして、小林麻央の最新の余命はどうなのか調べてみました。

小林麻央の乳がんステージ4の咳は乳がん末期の肺転移なのか?

小林麻央の乳がんはステージ4ですでに末期状態であることは、皆さんがすでに周知の通りです。

ここで改めて乳がんステージ4の特徴をおさらいしておきましょう。

乳がんステージ4の特徴

最大の特徴は、遠隔転移するということです。遠隔転移とは乳がんのがん細胞が、血管やリンパ管などを通して他の臓器などに運ばれ、新たにその部分でがん細胞が出来てしまうのです。現在の小林麻央は皮膚・骨・肺へ転移していると思われます。特に危険なのは脳・骨・肺と言われていて、脳なら、体の司令塔だけに多用な障害が出る可能性がありますし、骨なら骨折しやすくなり、脊髄へ転移すれば麻痺の可能性もありますし、肺なら呼吸に支障をきたす可能性があるのです。

乳がんステージ4の生存率

5年後に約20~40%だと言われていますが、小林麻央の場合は年齢的に「若年性乳がん」であり、進行スピードが速いため人によっては10%ほどだという情報も。

乳がんステージ4の治療法

ステージ4は全身転移の可能性が高く、目に見えない箇所の転移の可能性もあることから、抗がん剤や放射線治療などの全身治療が中心となります。外科手術をしないのは、その部分を取り除いても治療効果が薄く、体への負担を考慮してなのです。小林麻央もそうですが、完治させることは非常に難しいため、現在はQOL(クオリティー・オブ・ライフ)と言って、がんと上手く付き合っていき、よりよい生活を送れるようにするための治療法を選択する患者もいます。

 

ということで、とにかくステージ4まで来るとやはり完治は難しく、がんと上手く付き合っていく為の緩和治療が中心となります。

 

小林麻央はすでに抗がん剤や放射線治療などを繰り返して行っています。

放射線治療は、骨への治療は何度も出来るのですが、組織への治療は負担が大きいために何度も行えないのです。

ですから、痛みを抑えるために組織への放射線治療はだんだんと治療箇所が限られてくるのです。

 

さらに、現在は咳で苦しいということもKOKOROブログで告白しています。

4月2日

それにしても咳が止まらない日々。

あまり咳をするとまわりの方に迷惑かなと思い

スポンサーリンク

病気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です