京唄子の死因は老衰だった!激やせや若い頃の画像も!

女優・漫才師として活躍してきた京唄子が亡くなってしまいましたね。お悔やみ申し上げます。

体調不良だったとのことですが、詳細な死因は老衰でした。

さらに、本名や若い頃の京唄子の画像なんかもご紹介します!

スポンサーリンク

京唄子の死因は老衰!激やせ画像も

女優として、漫才師として長年に渡り活躍してきた京唄子(本名:鵜島ウタ子)が亡くなりました。

1945年になでしこ劇団に入ったことから女優として活動し、その後1956年には鳳啓助と一緒に漫才コンビ「唄子・啓助」を結成し、漫才師としても活動。

さらに、結婚は4回もしているというかなりアクティブ人生だったのです!

 

1945年といえば、広島・長崎に原爆が落とされ、終戦した年じゃないですか。

その激動の時代を生き抜いた人が亡くなってしまいましたね。

年齢も89歳とのことでしたが、まだまだ元気な姿が見たかったですね。

 

過去を遡ると、2009年には腰椎圧迫骨折により芸能活動を一旦休止していますが、その後再度復帰。

2009年4月28日、車椅子姿で記者会見を開き、同年5月の松竹座公演降板と腰椎圧迫骨折及び腰椎変性すべり症を患っており、その治療のため一切の芸能活動の休止を発表。「芸能生活64年、まさか自分がこんなことになるとは思ってもみなかった」とうなだれた。精神面でのショックも大きく胃に複数の潰瘍も患っていることなども明かし「何としてでも直して、また舞台へ立ちたい」と涙ながらに語った。約1年半の病気治療及びリハビリを経て、2010年10月14日放送のドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で復帰を果たした。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E5%94%84%E5%AD%90#.E6.9D.A5.E6.AD.B4.E3.83.BB.E4.BA.BA.E7.89.A9

スポンサーリンク

とのことが記載されています。

 

 

それ以降はやはりメディアへの出演機会もばったり減りました。

しかしそれは出演依頼が来なくなったわけではなく、自ら断っていたのです。

「今でも依頼をいただきますけど、舞台にはもう出ません。京唄子という名前を裏切ることはできませんからね」

引用:http://www.j-cast.com/2016/05/25267803.html

なので、当初の死因は何かしらのストレスからくる病気だったり、肺炎か何かなのかなと思っていました。

年齢的にも89歳ということで、何かしらの病気を抱えていてもおかしくありませんでした。

しかし、公表された死因は老衰だったのです。

 

激やせ画像も発見しました。

京唄子 激やせ

出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp/7ca/1486006/20101015_1817475.jpg

 

老衰とは、加齢によって細胞や体の機能が低下して、生命維持が困難になった状態のこと。

つまり外部敵要因や病気などの要因ではなく、本当の寿命だったということですね。

 

ご冥福をお祈りします。

 

京唄子の若い頃の画像

そんな京唄子は若い頃から女優として活動してきただけに、やはりキレイな人だったのですね!

とても漫才師だとは思えない美しさです。

 

京唄子 若い頃出典:http://ag-skin.com/daily/doc/20081209152427.jpg

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です