香取慎吾の彼女と子供は隠し子だった!?正体判明【文春画像】

疑問

元SMAPの香取慎吾が、20年間もの間秘密にしてきた彼女との関係を見せ始め、彼女の正体とハワイ旅行にいた謎の少年の正体について詳細が判明!?

2017年は香取慎吾にとって人生の帰路になるのかもしれません。

新たな文春画像と共にご紹介します!

香取慎吾の彼女の正体や馴れ初め

香取慎吾の彼女は、2歳年上でこれまで10年以上に渡って姿を見れなかった「幻の女性」と言われていた存在でした。

香取慎吾と彼女の2ショット画像

二人の左手薬指には指輪があります。

香取慎吾がSMAPを解散する際に、関係者の話ではジャニー喜多川に対して、彼女がいて同棲していることを話していたそうです。

つまりジャニーズ事務所は彼女の存在を知っていた可能性があります。

実際にジャニーズ事務所は「結婚」の事実は認めていませんが、彼女の存在は否定していません。

 

実は香取慎吾の彼女との報道は、20年前の1997年にはフライデーによって報道されています。

その当時の状況は

・香取慎吾が彼女の家から「笑っていいとも」の収録に行くこともあった

・報道の時点ではすでに交際から2年は経過していた

ということでした。

 

そして香取慎吾の彼女は、会社員をしながらアイドルの卵を目指していたとのこと。

現在の彼女が何をしているのかは分かっていません。

 

香取慎吾は当時のインタビューでこう語っています。

「年上の女性?全然、OK。100%Okですよ。何処かに連れて行ってもらったりして甘えつつ、時々、僕がガーンと男らしいところを見せたりして。いいですよね、そういうの。僕はめっちゃくちゃキレイだったり、スタイルがよかったりする人って、だめなんです。なんだか同じ人間と思えなくて、好きになれない。ちょっとぽっちゃりしてて、性格の優しい普通の女性がいいなあ」

引用:週刊文春 2017年4月13号

彼女自体はアイドルを目指していたということでしたが、至って普通の一般人。

同年に香取慎吾が家族と行ったハワイ旅行には彼女も同行させています。

そして、そのまま彼女との同棲をスタートさせます。

 

その後、香取慎吾は横浜に一軒家を購入しそこで暮らし始め、彼女は香取慎吾の両親の経営する横浜の雑貨店(現在はない模様)で働き始めたのです。

バイト感覚でたまにお店を手伝う程度だったとのことで、両親も彼女の存在は当時から知っていたよう。

そんな生活が7年ほど続くと、2005年に香取慎吾は六本木のマンションへ引っ越すのですが、このきっかけとなったのが実は・・・

 

香取慎吾と子供(隠し子?)の正体

香取慎吾が2005年に六本木へ引っ越した頃にとある噂が流れたのです。

香取慎吾の彼女がベビーカーで子供を連れていた、香取慎吾と彼女と子供で遊んでいたというようなものです。

そう、香取慎吾に隠し子が出来た為に、そのプライバシーを守るため、セキュリティーがガチガチな都内の高層マンションへ引っ越したという理由だと言われています。

 

引っ越してしばらくした後、子供の騒音がうるさいと下の階の住人から苦情が来ます。

その際に、彼女は「友達の子」であることを言ったのです。

香取慎吾の隠し子、自分の子供ではなく「友達の子供」と言ったことから、やはりかなり極秘だったようです。

スポンサーリンク

疑問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です