堀北真希離婚危機!?現在北海道で別居中の理由や復帰は?

堀北真希 離婚

女優の堀北真希が引退?したかのようなコメントを2017年3月に入り発表しましたが、そこには「引退」という文字が書かれていないのです。

さらに、現在北海道で別居中だということで、これはもはや離婚危機なのでは?と言われています!

そして、今回の芸能界引退騒動の真相は、事務所移籍が目的だったとも言われていて・・・

スポンサーリンク

堀北真希離婚危機!?現在北海道で別居中の理由は?

女優の堀北真希は2015年に俳優の山本耕史と結婚しました。

結婚した際には「交際0日」だったことで、いきなりプロポーズをしたことでかなり有名でしたね。

そして、2016年12月には待望の第一子を出産しました。

 

しかし、その後すぐに堀北真希は山本耕史の元を離れ、現在は北海道で別居中だという情報が。

出産したばかりなのに、あまりにも早すぎる別居報道です。

さらに、堀北真希の芸能界引退報道と、これには何か裏がありまくりなのでは?と噂が耐えません。

 

堀北真希がわざわざ北海道という土地を選んで、別居する理由としては

「“少し離れて暮らしてみようか”と。堀北さんはその方が彼も自由にできるしお互いストレスがないだろうと考えたようです。そして生後間もない赤ちゃんを連れて一時的に自宅を離れたんです。選んだ地は北海道。マスコミも知人もいないし、自然豊かで空気もきれい。赤ちゃんを育てる環境としては最高です。もちろん完全別居ということではなく、堀北さんが東京に帰ることもあるし、山本さんが会いにいくこともある。引退発表でまた周囲が騒がしくなるし、子供が落ち着くまでの一時的な避難という意味合いも強かったようです」(別の芸能関係者)

引用:http://www.news-postseven.com/archives/20170309_500074.html?PAGE=2

ということで、なんだか別居というとネガティブなイメージがあるのですが、今回の堀北真希の別居は、お互いのことを考えてのポジティブな別居だという。

これが真相なのかは定かではありませんが、堀北真希の芸能界引退ということと、今回の別居はどれも「子供のため」ということでは共通していますね。

 

しかし、この別居中に旦那である山本耕史が不倫しかねないという、話も出ています。

別居の理由も「ストレスからの開放」だったとすれば、別居前から仲が悪くなっていったという可能性もあり、ここに別居中の山本耕史の不倫などのスキャンダルが出て来れば、これは完全に離婚危機です。

山本耕史は自身が経営するバーで、深夜まで仲間と飲むこともあるので、その可能性は否定しきれません。

スポンサーリンク

でも、あれだけ堀北真希に対して、ストーカーまがいなアプローチをした上での結婚だったので、不倫するとも考えにくい。

 

離婚危機というには、現状ではまだ材料が足りないですね。

 

堀北真希の芸能界復帰の可能性は?

さて、堀北真希が引退した理由は、先程書いたように「子供のため」だということでしたが、実は事務所とのトラブルもあったような噂もありました。

「所属していた事務所と縁を切るための“偽装工作”だというのが、業界関係者の見方です。一部では“堀北は貯金をしこたま貯め込んでいて芸能界に未練がない”といった話も報じられていますが、実情は真逆。あれほどの国民的女優だったのに、貯金は1,000万円もなかったといいます。堀北が何より驚いたのは、個人事務所の夫・山本耕史との収入格差。自分とは10倍もの開きがあったことで、いかに自分が事務所に搾取されていたかに気づいてしまった。一説には『話題を呼んだ“40通の手紙”よりも、山本から節税の方法を聞いたことが結婚の決め手になったのでは?』なんて言う人もいますよ」

引用:http://www.cyzo.com/2017/03/post_31880_entry.html

この話が本当だとすると、これは事務所がかなり手取りを削っていたことになります。

堀北真希の元所属事務所は「スウィートパワー」で、事務所の稼ぎ頭として活躍していました。

引退に関して、事務所は籍だけでも残して欲しいとのことでしたが、完全に辞めることを決意していたそうです。

これは単純に、子供のためだけではなかった気もしますね。

 

所属事務所はこの決意が本物だと思ったのか、堀北真希の引退を説得していた立場でしたが、スウィートパワーでの復帰を否定しました。

さらに、山本耕史の母親の芸能事務所での復帰の可能性も噂されましたが、そこは濁していました。

山本をマネジメントしている母親は、「週刊女性」(主婦と生活社)の直撃を受けて、「うちは個人事務所でやってるし、あんな大きな女優さんをやれるわけないじゃない」と夫婦そろっての活動を否定するも、完全引退については「そこは彼女次第だから」と明言を避けている。

引用:http://www.cyzo.com/2017/03/post_31880_entry.html

格差が10倍もあったということが本当だったとするなら、事務所とのトラブルもやはり原因で一度身を引き、落ち着いた頃に再度、山本耕史の事務所で復帰する可能性もまだ否定できませんね。

当然子供の事もあってのことでしょうけど、今後も円満に生活できるのか注目ですね。

スポンサーリンク

堀北真希 離婚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です