フジテレビのアナ雪テレビ放送エンディング動画に見る視聴率低迷原因は?

フジテレビと言えば、月9ドラマのブランドを作ったことで視聴率が稼げるテレビ局として有名でしたが、ここ最近は本当に酷いですね(笑)

それを象徴したのが、アナ雪テレビ放送のエンディング動画でした。

なぜここまで低迷してしまったのか・・・視聴率低迷の原因は?

フジテレビは月9もゴールデン視聴率も低迷・・・

フジテレビは数字の稼げるテレビ局だったのですが、近年の視聴率の低迷は本当に酷いですね。

それを象徴するのは、月9ドラマの視聴率低迷が一番分かりやすいのではないでしょうか。

月9と言えば、かつて高視聴率が取れるドラマ枠としては最高峰の枠でした。

 

かつては視聴率三冠王を取っていて、平均視聴率は15%超、20%超があたりまえの世界だったのですが・・・

最近の月9ドラマの全話平均視聴率はこの通り

*1位 *8.23% 2016年 カインとアベル
*2位 *8.54% 2016年 ラブソング
*3位 *8.92% 2016年 好きな人がいること
*4位 *9.71% 2016年 いつかこの恋を思いだして
*5位 *9.95% 2014年 極悪がんぼ
*6位 10.63% 2009年 婚カツ!
*7位 10.74% 2015年 恋仲
*8位 11.34% 2013年 海の上の診療所
*9位 11.40% 2013年 ビブリア古書堂
10位 11.46% 2011年 大切なことは君が教えてくれた
11位 11.73% 2015年 5→9
12位 11.81% 2011年 幸せになろうよ
13位 12.28% 2014年 失恋ショコラティエ
14位 12.32% 2011年 全開ガール
15位 12.34% 2010年 夏の恋は虹色に輝く
16位 12.40% 2012年 リッチマン、プアウーマン
17位 12.46% 2014年 信長協奏曲
18位 12.54% 2015年 デート 恋とはどんなものかしら
19位 12.55% 2015年 ようこそ、わが家へ
20位 12.65% 2013年 SUMMER NUDE

引用:https://matome.naver.jp/odai/2135159756034358401

 

そして伝説へ・・・

2017年に入り月9「突然ですが、明日結婚します」では、史上最低視聴率である5%台を更新・・・

 

フジテレビは2010年以降、民放各局のゴールデン視聴率推移においても、その殆どが視聴率が取れなくなってきているのです。

フジテレビ 視聴率

出典:http://livedoor.blogimg.jp/chuunisoku/imgs/b/f/bf2246ed-s.jpg

 

フジテレビの視聴率低迷が止まらない原因は?

この2010年頃には何があったのかと言えばフジテレビは、韓流押しという風潮があったのです。

2011年頃には放送時間が他局に比べて長かったという事実がありました。

とある月の放送時間は月に約38時間で、他局の2倍もの時間を放送していて、この韓流押しも原因の一つだと言われています。

 

2011年当時のNEWSポストセブンの記事によれば・・・

「最近までは、4時台まで韓流ドラマ3本立てをやっていました。韓流ドラマは主婦層にファンが多く、放映権料を支払うだけで、手軽に手堅い視聴率が望める。数字はいいのでしょうが、“まるで韓国のテレビ局だ”と局内からも批判があった。制作費削減の折、しかたがないのかもしれないが、これじゃ若いスタッフが経験をつめない」

引用:http://www.news-postseven.com/archives/20110708_24978.html

 

 

そして、2011年7月には俳優の高岡蒼甫がフジテレビの韓流押しをTwitterで発言し、これにファンや視聴者が賛同。

翌月にはフジテレビ前にて抗議デモが発生しました。

あくまで、韓流に対するデモではなく、フジテレビの編成に対してのデモだったとのこと。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です