相棒5代目は誰!?稲垣吾郎?濱田岳?仲間由紀恵?視聴率低下理由は?

相棒

水谷豊主演の大人気ドラマ「相棒」の5代目が誰になるのか、予想と報道がいろいろ交差していますね。

これまでに候補として仲間由紀恵や濱田岳、さらに元SMAPの稲垣吾郎など豪華メンバーが名前を連ねています。

果たして本命は誰なのか!?人気の理由もご紹介します!

スポンサーリンク

相棒が人気の理由は?

相棒と言えば水谷豊という唯一無二の主役と、そのタイトル通りの相棒と共に事件を解決していく刑事ドラマですが、映画化もされ、なぜここまでシリーズ化されるほど人気なのでしょうか?

刑事ドラマものなんて数え切れないほどドラマ化されていますよね。

なぜその中で、相棒だけがここまで人気が高いのか?

 

相棒が人気の理由その1 脚本家の多さ

相棒では放送開始からseason1からseason15まで、総勢30人以上の脚本家で支えられています!

通常ドラマには脚本家は1人が基本なので、これは漠然とでもすごい!ということが分かります。

season1・・・3人

season4・・・10人

season12・・・9人

というように、1人の脚本だけで構成させること無く、その中でヒットしそうな脚本を厳選してドラマ化しているのです。

これによって視聴者が飽きること無く、どのseasonから見ても面白いという作りになっています。

 

個人的に面白いなと思ったところは、たまたまやっていた再放送でseason14の第7話「キモノ綺譚」という話で、子供に対して右京が情報を聞き出そうとした際に、駄菓子で子供から情報を聞こうとしたり、子供から「メガネ」と呼ばれていたり、トリオ・ザ・捜一とのコメディチックなやり取りだったりと、2時間サスペンスの刑事など他にはないコメディータッチな演出が面白いなと。

刑事ドラマものはサスペンスやシリアスな要素が強く、そういったコメディータッチな演出は少ないイメージが有りますので、余程刑事ドラマが好きな人じゃなくても楽しめる内容だと思います。

いい例があの「踊る大捜査線シリーズ」ですかね。

相棒が人気の理由その2 水谷豊と相棒とあまり目立たない脇役達

これも本当によく出来ているなと思うところですが、水谷豊演じる杉下右京と相棒役の俳優さんは、知名度はそれなりにありますよね。

しかしそれ以外の脇役を固める俳優や女優は、それほどレギュラーでドラマ出演しているわけでもなく、主演になったこともない人ばかりです。

この2トップと脇役のキャスティングが秀逸だと思います。

 

通常ドラマではそれなりに、有名所を用意して視聴率を稼ごうとするのですが、人気の理由その1でもご紹介した通り、脚本がとんでもなく秀逸なので、全然有名所を用意しなくても楽しめちゃいます。

それに、敢えてそういった有名所をキャスティングしないという選択肢が、視聴者に対してはそれぞれの脇役に対して構えること無く、親近感を持たせてくれる為に、愛されるドラマになったのです。

有名所をキャスティングすれば、数字は取れるかもしれませんが、それでも視聴率がヤバいドラマたくさんありますからね(月9とか(笑))

 

さらに、変わる相棒役も水谷豊との絡みがそれぞれ新鮮で、それぞれの俳優ごとにいい味を出しているのです。

このキャスティングもかなり秀逸だと思います。

 

相棒が人気の理由その3 視聴者との接触頻度

相棒ってかなり放送しているイメージがあるんですね。

実際に放送しまくっているのですが、再放送や新作、そしてスペシャルドラマ、さらには劇場版映画と、視聴者が相棒に対して接触する頻度がかなり高いです。

心理学的に言えば単純接触効果(ザイアンスの法則)と言いますが、対象の物や人と繰り返し接触することで、その対象に好感を持ったり、印象が強くなる効果のことです。

スポンサーリンク

 

おそらく現在見れるドラマの中で、ここまで視聴者に対して接触しているドラマは相棒くらいなのではないでしょうか。

だからこそ、視聴率もシリーズがたくさんある中でも、極端に落ちることもなく人気が継続している理由です。

そこには、やはり脚本の面白さやキャスティングも相乗効果で重なり、唯一無二の刑事ドラマとして君臨しています。

 

相棒の5代目は誰?濱田岳?稲垣吾郎?仲間由紀恵?

さて、ここから気になるのが相棒のseason16からの相棒役ですね!

これまでにも、寺脇康文や及川光博、電撃引退した成宮寛貴、そして反町隆史と個性派・実力派俳優が脇を固めてきました。

season16からの相棒は一体誰になるのか、ネット上や報道でも騒がれていますね。

 

候補としては色々挙がっていますが、その中でも目につくのは「濱田岳」「稲垣吾郎」「仲間由紀恵」の名前です。

もし仲間由紀恵が相棒になるのであれば、初の女優相棒になりますので、それはそれで面白いですよね。

仲間由紀恵であればコメディもシリアスもこなせる実力派ですし、相棒の世界観にもマッチしていると思います。

しかし、仲間由紀恵はスケジュールの都合上出演出来ないようです。

 

次に濱田岳ですが、イケメン俳優という部類では無いものの、釣りバカ日誌では西田敏行の後継者として抜てきされ、個性派としても実力も兼ね備えています。

これまでの、相棒のイメージとは少し違うのですが、これもまた違う味があって面白いのではと思います。

テレ朝のドラマ関係者は「当初、反町は1シーズンの予定だったんですが、なぜか今回も継続。さすがに次回はない。水谷は以前から仲間由紀恵(37)を相棒にしたかったのですが、スケジュールの都合でレギュラーは無理。そこで濱田の名前が飛び出したわけです」と語る。
濱田といえば、テレビ東京の人気ドラマ「釣りバカ日誌」の主演を務めたり、auのCMにも出演。人気急上昇中の個性派俳優だ。とはいえ、「マンネリとの声が上がる中、相棒役を交代させるだけで低迷した視聴率がすぐに好転するとは限りませんよ」

引用:http://mainichibooks.com/sundaymainichi/sports-and-entertainment/2016/12/18/post-1304.html

 

最後に元SMAPの稲垣吾郎です。

稲垣吾郎であれば、イケメン相棒としては適役なのではないかと思います。

及川光博のようなイメージが強いですが、元SMAPであり独特な演技が公表な稲垣吾郎なら、相棒としても十分だと思います。

中でも有力なのが、元SMAPの稲垣吾郎。稲垣は反町のようにベラベラしゃべるタイプではないが、役者としての存在感がある。それに、SMAP時代からの固定ファンを持っているのも強みだ。しかも、テレ朝と、元SMAPの関係は良好といわれている。

引用:http://www.cyzo.com/2017/03/post_31763_entry_2.html

 

ということで、結局誰になるのかですが、個人的には稲垣吾郎でいいかなと思っています。

しかし、最終的には主演である水谷豊次第といったところでしょう。

 

相棒の視聴率低下理由

人気の理由を書いたのですが、ここ最近の相棒はちょっとマンネリ化していて、視聴率も伸び悩んでいる現状があります。

さらに、3代目の成宮寛貴の逮捕や4代目の反町隆史の演技などに対して、視聴者が拒否反応を起こしていることもあるようで、そこにマンネリ化も重なって、以前の平均20%台が出せなくなってきてしまっているようです。

その上、脚本に対して水谷豊があれこれ口を出してくるということもあるようで、これに対しそれまで人気を支えてきた脚本家が辞めてしまってることも原因なようです。

 

今回の5代目のキャスティングのみでは、以前のような視聴率は出せないと思いますので、主演の水谷豊を始めとして、今一度初心に帰って視聴率の取れていた面白い相棒に戻ることを、祈るしかありませんね。

スポンサーリンク

相棒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です