ドラマ「嫌われる勇気」アドラー抗議はなぜ?打ち切りなしで継続!

嫌われる勇気

香里奈主演のドラマ「嫌われる勇気」が、日本アドラー心理学会からドラマ内容に対して抗議された問題で、フジテレビは今後も放送を継続することを明言しました!

アドラー心理学を駆使して、事件を解決していくという刑事の主人公がアドラー心理学の本質とズレているとのことでした。

その抗議はなぜされたのか?アドラー心理学とは?

スポンサーリンク

ドラマ「嫌われる勇気」にアドラー心理学会から抗議されたのはなぜ?

ドラマ「嫌われる勇気」は、岸見一郎氏と古賀史健氏の共著による「アドラー心理学」を解説した書籍であり、シリーズ累計180万部超の大ベストセラー「嫌われる勇気」を原案に、刑事ドラマとしてオリジナルで脚本を書き上げられています。

原案の内容を大きくアレンジしていることから、この部分がドラマの魅力でもありました。

しかし、このアレンジが返って仇となりました・・・

 

日本アドラー心理学会から抗議がきたのです。

株式会社フジテレビジョン 『嫌われる勇気』製作責任者御机下

非営利社団法人日本アドラー心理学会(以下、「本学会」と称します)は、国際 アドラー心理学会連合 International Association of Individual Psychology の 連携機関とし て、アルフレッド・アドラーの心理学の研究と啓発を目的として設置された組織で す。約1千名ほどの会員を擁し、研究集会の開催、研究誌の発刊などを行なってお ります。

さて、貴社が製作・放映しておられますドラマ『嫌われる勇気』の内容について、 きわめて重大な問題があると認識いたしまして、善処をお願いいたしたく本書状を さしあげます。これに先だって、図書『嫌われる勇気』の著者、岸見一郎氏にご事 情を伺った上で、貴社に本状をお送りすることをお伝えしております。貴番組のアドラー心理学理解は日本及び世界のアドラー心理学における一般的な理解とはかなり異なっているように思えます。

そのような一般的でない見解を、テレビのような公共的な場で、あたかもそれがアドラー心理学そのものであるかのように普及宣伝されるのは、日本のアドラー心理学の啓発・普及に対して大きな妨げになると考え、本学会としては困惑しております。

簡単に問題点を指摘させていただきますと、そもそも「勇気」とは、「勇気とは 共同体感覚のひとつの側面である」(アドラー)と言われておりますように、「共 同体感覚」と関係して理解されております。「共同体感覚」とは「共同体感覚は、 人々が相互に理解し合い、一致に到達し、意見や信念を分かちあうことを可能にするものである」(ヘレーネ・パパーネク)と言われるように、他者と共同し協力して生活する能力のことを意味します。

しかるに、ドラマ『嫌われる勇気』の中では、 たとえば「私はただ、感じたことを口にしているだけ」と言っている主人公を「ナチュラルボーンアドラー」としているなど、「相互理解のための努力」や「一致に到達する努力」や「意見や信念を分かちあうための努力」の側面を放棄しているように見受けられます。

スポンサーリンク

専門家の意見も聞きたいと考え、本学会所属のアドラー心理学指導者野田俊作氏に相談したところ、「たしかに岸見氏がおっしゃるように、他者の評価でもって自分の価値を判断する必要はないけれど、そういうことにとらわれずに、『他者の幸 福のため』に自分がすべきことをするというのが、アドラーの教えだと理解しています。

ですから、自分の行為の結果が他者にどういう影響を与えるかについて、いつも配慮をしなければならないと思います。ドラマの中の考え方には『他者の利害』という見方が完全に欠落している気がします。それではアドラー心理学とは言えません」というコメントをいただきました。放映の中止か、あるいは脚本の大幅な見直しをお願いしたいと思っております。 早急にご検討いただき、善処いただければさいわいです。

平成二十九年二月三日 非営利社団法人日本アドラー心理学会 会長 中井亜由美

 

つまり、日本アドラー心理学会が認識しているアドラーの教えと、嫌われる勇気の中でのアドラーの教えでは、相違する部分があり、アドラー心理学が勘違いされてしまうのを止めたいということなんですね。

本家の教えを守っていくことが、日本アドラー心理学会の役目であるなら、抗議をしてくるのはしょうがないですかね。

この抗議には「ドラマの放送中止か脚本の大幅な変更」という要求が書かれています。

これによって、嫌われる勇気は打ち切りになるのか?と話題になっていました。

 

ドラマ「嫌われる勇気」放送継続を明言

日本アドラー心理学会からの講義を受けて、ドラマの打ち切りか継続かフジテレビ側が出した答えは、放送継続でした。

フジテレビは「放送中止は考えておりません」とキッパリだ。続けて「ドラマというエンターテインメントの要素と、アドラー心理学の描写のバランスを考えつつ、原案書籍の著者に脚本を監修していただきながら制作しております。全話を見てご判断いただければ」と回答した。ただ「日本アドラー心理学会からいただいたご意見も、今後のドラマ制作に生かしてまいります」とし、同学会の見解を一定程度反映させることも示唆している。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000008-tospoweb-ent

ということで、日本アドラー心理学会の意向も取り入れつつ、今後も放送していくとのこと。

フジテレビ側は、原案著者に脚本を監修してもらいつつ、ドラマとして制作してきた経緯があることが正当性を主張しています。

原案著者との確認の上で、ドラマようにアレンジしたのなら問題ないと思いますけどね。

 

とりあえず、大まかな脚本の変更もなく、今後は少々内容が本来の脚本と変わるかもしれませんが、視聴者から見ればそんなの分からないですからね(笑)

まあ、このフジテレビの対応で日本アドラー心理学会が、また抗議してくる可能性もあるので、今後も注目です。

スポンサーリンク

嫌われる勇気

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です