千眼美子(清水富美加)本のまえがき内容が意味深!感想!

疑問

千眼美子こと清水富美加が出家宣言後に、いきなり暴露本「全部、言っちゃうね」を発売するという電撃ニュースが流れましたが、アマゾンでは早速ベストセラー1位となり予約の段階にも拘わらず本が売り切れ状態で、定価の3倍の価格に高騰(笑)

さらに、ヤフオクでも高騰しているということで、これはかなり注目度が高いですね。

すでに読んだ人もいるということで、その感想や内容をご紹介します!

千眼美子(清水富美加)の暴露本「全部、言っちゃうね」の直筆まえがき内容が意味深

発売された千眼美子の暴露本には、直筆の前書きがあります。

そこには、遺書を書くような思いで書かれていることや、いつか必ず完全復活するような内容が書かれています。

 

 

この直筆のまえがきがかなり意味深な終わり方をしていますね。

 

「いつか絶対に完全復活します。なぜなら・・・」ということで、一体どういうことなのでしょうか・・・

完全復活とは、芸能界への完全復活を果たすという意味なのか、それとも幸福の科学で成功させるということなのか・・・

 

前回の記事でも書きましたが、改めて本の簡単な内容をご紹介すると・・・

全147ページ。1「でも今日、出家します。」、2「死にたかった7年、死ななかった7年。」、3「私の生い立ち」、4「ずっと幸福の科学」の4章構成となっている。

直筆のまえがきでは、今回の騒動についても触れており「現在進行中のお仕事での共演者さんやスタッフさんには、この身、千切れる思いでいっぱいです。」と謝罪の文字。また、「日々、様々な疑問や情報、憶測や意見が飛び交っているのを目の当たりにし、それたにお答えしたく、全ての事を遺書を書くような思いで、この本に全託しました」と発売の背景を説明。最後は「でも、絶対、死にません。いつか絶対に完全復活します。なぜなら…。千眼美子」と法名の名義で意味深に締めくくっている。

あとがきも直筆で記され「お世話になった皆様には、悲しませてしまった皆様には、必ずや倍にして恩返しすることを約束します。」としている。

スポンサーリンク

疑問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です