清水富美加(千眼美子)の本「全部言っちゃうね」内容は?炎上商法だった?

清水富美加 本

清水富美加(千眼美子)の宗教団体「幸福の科学」への出家騒動で、法名である告白本「全部、言っちゃうね」が発売されました!

なんか、真実は自分の口から語るとつぶやいておきながら、真実は告白本でというやり方が「炎上商法」ではないかという意見も(笑)

まあ、こんな真似していたらそう思われますが、果たして本の内容とはいかに!?

千眼美子(清水富美加)本のまえがき内容が意味深!感想!

スポンサーリンク

清水富美加改め「千眼美子」の告白本「全部、言っちゃうね」の内容は?

さて、出家騒動で揺れに揺れまくっていて、かなりの損害を出している清水富美加が、法名「千眼美子」名義での告白本がついに発売に!

これまで、清水富美加は「事務所への不満」がきっかけで、今回の出家という事態になったことを散々言っていますね。

さらに、レプロという事務所の実態や、その他の関係者が暴露してほしくないような内容が書かれていると思われ、かなり注目が集まっています。

 

本の詳細を見てみると・・・

死にたかった7年、
死ななかった7年。

一連の騒動の真相は? 幸福の科学って?
せっかく人気女優になれたのに?
友だちや仕事でお世話になった人、
そして心配してくれるたくさんの人たちへ。
すべての疑問に、自分の言葉で答えました。

引用:https://www.amazon.co.jp/gp/product/4863958811?ie=UTF8&camp=1207&creative=8411&creativeASIN=4863958811&linkCode=shr&tag=chocolation-22&qid=1487255787&sr=8-1&keywords=%E5%85%A8%E9%83%A8%E3%80%80%E8%A8%80%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%86%E3%81%AD

 

さらに

全147ページ。1「でも今日、出家します。」、2「死にたかった7年、死ななかった7年。」、3「私の生い立ち」、4「ずっと幸福の科学」の4章構成となっている。

直筆のまえがきでは、今回の騒動についても触れており「現在進行中のお仕事での共演者さんやスタッフさんには、この身、千切れる思いでいっぱいです。」と謝罪の文字。また、「日々、様々な疑問や情報、憶測や意見が飛び交っているのを目の当たりにし、それたにお答えしたく、全ての事を遺書を書くような思いで、この本に全託しました」と発売の背景を説明。最後は「でも、絶対、死にません。いつか絶対に完全復活します。なぜなら…。千眼美子」と法名の名義で意味深に締めくくっている。

あとがきも直筆で記され「お世話になった皆様には、悲しませてしまった皆様には、必ずや倍にして恩返しすることを約束します。」としている。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000102-spnannex-ent

ということで、芸能界に入ってからの苦悩が綴られている感じみたいです。

やはり出版社は「幸福の科学出版」になっていますので、本当に出家してしまうんだなーという感じです。

ここまで、やったからにはもうこちら側の芸能界には戻れないでしょうね。

それが、彼女の幸せならしょうがないのかな。

 

肝心の詳細な内容については、発売されて内容が明らかになってから、要点をまとめてみようと思います。

出来るだけ引用できるところはしていきます。

なので、追記という形でおいおい書いていきますのでご了承下さい。

千眼美子(清水富美加)本のまえがき内容が意味深!感想!

 

清水富美加の告白本「全部、言っちゃうね」は炎上商法狙い?

さて、清水富美加は新規にTwitterアカウントを取得し「千眼美子(本名:清水富美加)」と、ついに法名でのアカウント名に変更。

以前のつぶやきでは

とのことで、Twitterで何かしら語っていくのかと思いきや、告白本の告知・・・

 

ときたもんだから、ネット上では「炎上商法」だと言われていますね。

その根拠としては、Twitterでのつぶやきの件もあるのですが、本を出版するということは事前に準備が必要です。

ざっくりとですが、一般的な本の出版までの期間は最短で2ヶ月~6ヶ月ほど、多いのは7ヶ月~12ヶ月ほどだということです。

本が完成するまでには、企画・執筆・編集・装丁デザイン・校正・印刷などの多くの工程が関わってくるため、最低でもやはり2~3ヶ月くらいはかかるとのこと。

 

まあ、幸福の科学出版がどんな感じで出版するのかは定かではありませんが、どのみち事前に準備していないと本なんて発売できないわけです。

ここからはネット上、さらに個人的な憶測になってしまいますが、清水富美加は突然出家するという風に見せかけて、実は以前から計画していた可能性があるかもしれません。

こんなタイミングで本が完成し、告知なんてあまりにも出来過ぎだと思ってしまいます・・・

 

ただ、信者だったことや守護霊インタビューの書籍が出ているあたり、出家から1週間という期間でスピーディーな出版が出来たという見方もありますね。

ニュースでやっていたのですが、幸福の科学にはなんと最短2日で本に出来るというシステムがあるとのこと・・・

 

ちなみに発売日は、17日と書いてありますが、実際は2月27日から書店に並ぶ模様。

Amazonではすでに予約の状態でベストセラー1位となっていて、しかも定価の3倍の値段ついてるし(笑)

千眼美子 本

出典:https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC-%E5%8D%83%E7%9C%BC%E7%BE%8E%E5%AD%90/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E5%8D%83%E7%9C%BC%E7%BE%8E%E5%AD%90

レビューはまだ発売されていないので、勝手な感想などが書かれていますが、注目度がすごいですね!

どんな内容なのか、今後注目したいと思います。

 

2017年2月17日追記 千眼美子の暴露本内容ご紹介!

さて、ついに発売になた暴露本「全部、言っちゃうね」ですが、次々とぶっちゃけ話が書かれているという内容が明らかになってきました!

それぞれご紹介していきます!

 

第1章 でも今日、出家します

・役づくりのために虫を食べた

・仕事の多くは「悪魔の手伝いをしていたのもあるのではと辛かった」

・出家して「清水富美加」で得たものは全て捨て、スッキリして軽くなった

・タバコを吸う喫煙者だった

・好きな人がいたが、忘れられた

 

第2章 「死にたかった7年、死ななかった7年」

・自殺未遂の過去があった

・16歳の時に、ガムテープを口と鼻に貼った

・高2の夏頃まで机の引き出しには、大きなカッターを入れていた

・リストカットした傷が今でも右手首に残っている

 

さらに、レプロ社長への拭いきれないほどの危険すぎる不満があったことも暴露しています。

「仮面ライダーフォーゼ」の撮影で忙しかったころのことで、休みがなかった上に、給料は5万円で源泉徴収を引かれると、手元に残るのは4万5000円ほど。「どんどん社長への怒りがたまっていきました」と、当時を振り返った。自身は食事もままならず、交通費も最低限しか支給されないため何駅分も歩くことも。「その間に社長はどんなにうまいものを食べてどんな車に乗っているんだろうと思うと、どうしても社長への恨みが止まらなくなってしまいました」と当時の思いを記した。

引用:http://www.sanspo.com/geino/news/20170217/sca17021718100005-n1.html?view=pc

ということで、かなりぶっちゃけています。

今後も分かり次第、追記していきます!

スポンサーリンク

清水富美加 本

1 個のコメント

  • 幸福の科学は独自の出版ルートがあるらしく、通常の書籍より早く印刷〜店頭までいけるそうですよ。
    にしても早いですよね(笑)
    彼女のツイッター等を見てると、精神的にまだ幼い方なんだなぁという印象しかありませんでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です