清水富美加年収と動画で語るレプロ事務所と出家理由の矛盾

千眼美子 清水富美加 本 内容

女優の清水富美加が「幸福の科学」への出家理由について、所属事務所であるレプロエンターテイメントの対応だったり、待遇に不満を抱いていたということが言われていますが、2015年に撮影された動画で、レプロのことをかなり良く言っています。

今回の出家理由とは、かなり矛盾していますが、一体何が起こったのか・・・

年収や動画とともに内容をご紹介します!

スポンサーリンク

清水富美加が語る出家理由のレプロという事務所

出家騒動で引退することを否定し、今後も女優として、宗教家として幸福の科学側で働いていくという清水富美加ですが、事の発端は所属事務所レプロエンターテイメントへの不満でした。

不満の内容としては、過酷な契約条件や安月給で、嫌がる仕事を入れてくることに関して、ストレスが溜まり、不満が爆発したというもの。

そのストレスの中で、元々信者であった宗教団体「幸福の科学」へ助けを求めた結果、出家が出来る状況になり、心の拠り所として傷を癒した後に働くということでした。

 

しかし、この清水富美加が言っているレプロの契約状況などに関して、様々な芸能人がコメントをしています。

・坂上忍
「(安月給について)俺らが若い頃もそうだった。珍しくもなんともない。嫌な仕事だったら断れるだろ」

・カンニング竹山
「仕事を残して出家するのは無責任」

・高橋克実
「役に悩むのは役者なら誰だって同じ。普通だから」

・東MAX
「ワガママ言える立場じゃない。まだ我慢する時期」

・宮根誠司
「子供に大金をポンと渡せるわけないから月給5万円は妥当」

・井上公造
「水着仕事くらい我慢しろ。そこから出世するのが芸能人だろ?相撲部屋だって下積みはある」

・ユージ
「最後に貰ってた給料公表したらいいんじゃない?みんなびっくりすると思うからw」

・菊地亜美
「私はレプロに所属して10年ちょいだけど、沢山お世話になってるし毎日楽しく仕事してますよ」

引用:http://papipu2ch.blomaga.jp/articles/131666.html

ということで、まだまだ女優としては若手であることから、嫌な仕事もいろいろ経験していき成長していくもんだという意見が多いですね。

これは、芸能界だけではなく世間一般でも当てはまると思います。

スポンサーリンク

 

清水富美加が芸能人として適性がなかったということなのか、それともこれらの芸能人が言う契約条件の裏に隠された事実があるのか・・・能年玲奈が独立しようとしたのも引っかかると言えば引っかかりますね。

 

清水富美加が2015年に動画で語った「レプロはどんな事務所?」

レプロが嫌だ!という清水富美加ですが、そんなレプロに対して動画では全く正反対のことを言っていました。

これは2015年に撮影されたインタビューで、「レプロ次世代スターオーディション」というタイトルの動画内で「レプロはどんな事務所?」という質問に対して、清水富美加が語っている内容です。

この時期は、清水富美加がNHK朝ドラ「まれ」に出演している時のものです。

 

「レプロは人としてしっかり見てくれて、細かく気を遣ってくれて、融通も利かせてくれる。マネージャーは保護者みたいな感覚」ということを言っていますね。

これは、出家理由の内容とはかけ離れています。

この2年で、清水富美加の言うレプロの対応が急激に変わってきたというのでしょうか。

 

年収と幸福の科学側は清水富美加の健康面を主張

安月給の面については、2016年度の清水富美加の年収は1000万円を超えているという話もあり、これでも安いくらいだとされています。

この事実が本当なら、給料面では問題なかったと思いますが、やはりストレスに耐え切れなかったとのことなのか・・・

父親が自己破産していることと、出家とは関係ないということですが、タワーマンションをプレゼントしたいということも言っていたので、このまま女優として頑張れば余裕でプレゼントしてあげれましたよね。

 

しかし、幸福の科学側は清水富美加はドクターストップがかかるほど健康面を害しているという主張を前面に押し出してきていますね。

これから女優としてさらに伸ばしていきたいという、レプロは清水富美加に対してかなりの先行投資をしていると思いますので、それを考えると働いてもらうしかない。

その辺りのすれ違いが、消化しきれなかったのか・・・

 

今後どうなっていくのか、注目して行きたいと思います!

スポンサーリンク

千眼美子 清水富美加 本 内容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です