松野莉奈死因は致死性不整脈!脳の持病発作も原因?

松野莉奈

私立恵比寿中学の松野莉奈がなんと18歳という若さで急死しましたが、その死因は致死性不整脈だった可能性が高いと、所属事務所が医師の診断書の内容を発表しましたね。

しかし、それ以外にも松野莉奈には「脳の持病も抱えていた」という可能性も関係者の話も。

さらに、過去にも発作を起こしていたようで、その持病は「てんかん」なのか?これも原因なのでしょうか?

 松野莉奈の死因「致死性不整脈」原因と状況

松野莉奈の急死ということで、ファンや関係者のみならず名前を知らない人までも衝撃を受けました。

なぜなら、18歳という若さで、突然この世を去ってしまったからですね。

その死因とされる「致死性不整脈」は、急激に心拍数が上昇し、心臓の心室が心室細動という痙攣した状態になり、血液を送る機能が働かずに、血圧がゼロの状態になってしまうというもので、起こってから5~15秒ほどで意識が無くなってしまうために、心臓マッサージや電気ショックでの応急処置が必須なのです。

 

原因は年齢・ストレス・持病・生活習慣と4つほどあるようですが、おそらくストレスや生活習慣の乱れなどが原因ではないかと言われています。

人気アイドルグループだったので、ストレスも多かったでしょうし、生活習慣も乱れがちだったのではないでしょうか。

 

松野莉奈が急死するまでの状況を整理すると

2月6か7日 新幹線で大阪のイベント「港カヲル人間生活46周年コンサート」に向かう時に、急きょ発作が起こり、イベント出演をキャンセル。

2月7日 その日のうちに病院へ行き、自宅療養に。

2月8日 午前5時ごろ、容体が急変し、救急隊が到着した時にはすでに意識不明。

スポンサーリンク

松野莉奈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です