前田敦子の終活家族演技がひどい?上手くなった?干されるのか?

前田敦子

元AKBのトップであり、現在は女優として活躍している前田敦子ですが、その演技に賛否両論ですね!

ドラマ「終活家族」での演技がひどいと言われている裏で、上手くなったとの声もありますがどうなんでしょう?

女優として結果を出せていない前田敦子はこのまま干されてしまうのか・・・

 

前田敦子の終活家族演技がひどい?

元AKBであり絶大な人気を誇った前田敦子がアイドルから、2012年に女優転身したのも懐かしい話ですね。

そんな前田敦子出演の終活家族での演技がひどいと話題になっています。

 

そんな酷いとされる演技の理由をまとめてみました!

 

前田敦子の演技がひどいと言われる理由その1

木村拓哉現象が起こっている。

具体的には、どの役を与えられても、ワンパターンな前田敦子が全面に出てしまって、役の演じ分けが出来ていないということ。

演技力が少ないために、ドラマを見ている視聴者は「今回も前田敦子そのまま」だというマンネリや、役に対しての感情移入が出来ないので、余計に前田敦子の演技に対しての嫌悪感が増している状況です。

 

前田敦子の演技がひどいと言われる理由その2

 

前田敦子の元AKB総選挙1位という肩書が演技力の向上と評判を邪魔しているのです。

プライドが高く女優としての意識は強いのですが、演技力に対してはひどいと言われてきても、元AKB1位というプライドからか自分の演技を改善しようとしないそうです。

スポンサーリンク

前田敦子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です