明石家さんま2017年に芸能界引退か!理由はギャラや視聴率やSMAP解散?

疑問

お笑い界のTOP3に入る実力者の明石家さんまが、なんと2017年に芸能界引退するという情報が!

明石家さんまには引退の文字はないと思っていましたが、どうやら現実味を帯びている??

その理由はギャラ問題や視聴率、そしてSMAP解散がだということですが、果たして真相は?

明石家さんまが2017年に芸能界引退か!

私は明石家さんまは生涯現役かと思っていましたので、引退かあ~と少し寂しい感じです。

明石家さんまの引退に関して、とある放送作家がこう証言しています。

「さんまさんは60歳の大台を前に、一度は引退宣言をしていました。しかし、爆笑問題の太田光などの慰留もあり、これを撤回し、現在も活動を続けています。ところが今年に入って、改めて引退を決意したというんです。年内で自身のレギュラー番組をすべて終了させ、テレビの第一線から退こうと、昨年末から調整に入っています」(放送作家)

引用:http://wjn.jp/article/detail/8575485/

すでに61歳という年齢ですが、太田光から「今辞めたらカッコ良すぎるから、落ちていくところを我々後輩に見せる義務がある」という言葉を言われたようで、この言葉の通りに徐々にフェードアウトしていくと言われています。

30年も続いた「さんまのまんま」も2016年に終了していますね。

明石家さんまは過去に60歳での芸能界引退宣言をしていますので、それは結構本気の決意だったのかもしれません。

 

明石家さんま芸能界引退理由はギャラ・視聴率・SMAP解散か

芸能関係者の証言では

 「直接のきっかけは、さんまのレギュラーの中で唯一、純粋なお笑い番組であり、本人がもっとも力を入れていた『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)の存在です。低予算の深夜番組にも関わらず、人気芸人を10人以上担ぎ出していますが、彼らはさんまの番組だからと、通常の半分以下のギャラで出演を続けています。しかし、低視聴率で今年からさらに制作費が削られることとなり、出演陣のギャラはさらに減る。さんまは、さすがに負担はかけられないと、番組の終了を決めると同時に、引退を決意したといいます」(芸能プロ幹部)

引用:http://wjn.jp/article/detail/8575485/

明石家さんまのギャラが高すぎて予算が圧迫されているという問題で、最低レベルまで下げても他の芸人から比べるとやはり高額。

明石家さんまは「ギャラ無しでもしゃべってもいい」と発言したものの、あの明石家さんまがギャラをいらないなんて言ってしまったら、下の芸人は「明石家さんまがもらってないのに、お前らが貰うのか?」というようなことになりかねず、そのまま下げないで欲しいという他ないのです。

そう、明石家さんまはそれだけ影響力が強く、バランスが崩れてしまうからです。

 

スポンサーリンク

疑問

1 個のコメント

  • 木村派宣言は芸能界引退を考えて?それなら去年キムタクが嫌われっぷりになった時は何で逃げたの?これじゃ裏切りじゃない!宣言したからには、ちゃんと責任持って守ってあげて!芸能界引退なら、人気急落しようが、好感度が下がろうが、気にしないもんね。自分に残された最後の仕事だからね・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です