小林麻央激やせ&放射線食道炎&皮膚移転で余命は?治療後もあぶない?

小林麻央 癌

乳がんのステージ4で戦っている小林麻央が、放射線治療が終了したことを明かし、退院することが明らかになりましたが・・・

皮膚移転治療の副作用なのか激やせ状態で、放射線食道炎であったことが分かり、退院してもまだまだ余談を許さない状態です。

余命とはどう関係してくるのか、調べてみました。

小林麻央が放射線治療終了で激やせ?画像比較!

小林麻央が乳がんステージ4だと分かって、現在まで治療を継続していますが、放射線治療をしては痛みを緩和し、退院を繰り返しています。

以前の記事でも書きましたが、基本的に放射線治療は同じ箇所には再度照射しないというのが原則なのです。

特例として骨などには、状況に応じてすることがあるそうですが、基本的に同じ箇所への照射は、その部分への負担が大きいことからリスクが高いとされています。

なので、放射線治療をすればするほど、痛みの緩和が徐々に出来なくなってしまいます。

 

そんな、小林麻央が1月23日にKOKOROブログに投稿した写真が、かなりの激やせぶりだと話題になりました。

小林麻央 激やせ

出典:http://ameblo.jp/maokobayashi0721/page-8.html

足を見るとかなり細くなっていますね。

では過去の小林麻央とどのくらい違うのでしょうか?

以前の公式ブログの画像を見てみましょう!

小林麻央

出典:http://ameblo.jp/kobayashi-mao/image-10467704252-10426696231.html

こちらは2010年の小林麻央の画像です。

これを見ると、元々足は細いですね!

なので、乳がんでの治療の影響もあるのですが、元々細かったということですね。

 

KOKOROブログの「泣いても良い」は放射線食道炎か?

放射線治療が終了し、状態が良いということはブログで書いていますが、アメンバー限定記事の「泣いても良い」の内容が気になる人が多いようです。

タイトルは「泣いても良い」というタイトルで、一般公開はされていませんがその内容はなんなのでしょうか?

小林麻央 癌

気に入ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。