平野美宇(卓球)強さの理由は父母の教育方法!かわいいへそ画像!

平野美宇

卓球の全日本卓球選手権大会の女子シングルスを史上最年少で優勝した平野美宇ですが、その強さの理由が注目されています!

それは、小さい頃からの父母の教育にありましたので、その驚きの方法をご紹介します!

さらに、かわいいへそ画像も集めてみました!

平野美宇が史上最年少で優勝

卓球の次世代のエースとして期待されている平野美宇ですが、2017年1月22日に行われた「全日本卓球選手権大会の女子シングルス」において、ライバルでもあり3連覇を果たしている日本卓球界のエース石川佳純と決勝で対戦し、見事優勝を飾りましたね!

史上最年少(16歳9ヶ月)での優勝ということで、今後さらに注目される存在になりました。

しかし、去年のリオ五輪では、惜しくも同年代の伊藤美誠との五輪争いに破れ、出場は出来ませんでしたが、その悔しさをバネに見事に掴み取りました!

 

今回の全日本に向けて優勝する意識を高めていたということで、これまでの高感度アップのイメージから、強気の姿勢で挑んでいました。

 そんな卓球界の“いい子代表”が今大会では「絶対に優勝します」「石川さんを倒す」と強気発言を連発。この日も「普通にやれば勝てると思ったので(ピンチでも)焦りはなかった」と決勝を振り返った。突然のキャラ変更について、平野は「好感度を気にしても仕方ない。スポーツ選手は嫌われてもいいから、試合に勝たないと。今までは好感度を意識してしまっていました」。以前は相手のミスを待つ守備的なプレーが目立ったが、1年半前から自ら積極的に仕掛けるスタイルに変更。今年はコメントでも“攻め”を貫き、ついに頂点に立った。

引用:http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/643421/

 

次は2017年5月29日(月)~6月5日(月)に行われる世界卓球2017ドイツ(世界選手権デュッセルドルフ大会)に、シングルス・ダブルス共に出場します。

しかも、ダブルスでは見事3連覇を阻止した石川佳純とのペアということで、日本最強コンビで戦いに挑みます!

 

平野美宇の強さの理由は父母の教育方法にあった!

平野美宇は小さい頃から、卓球の英才教育を受けてきましたが、その教育方法が強さの理由だと言われています。

平野美宇の父親は元筑波大の卓球部主将の過去を持ち、現在は内科医として働いています。

母親は元教師で、全国教員卓球大会ベスト8の実績を持っています。

いわゆる、エリートなんですね!

 

そして、平野美宇の父母が教育方針として掲げているのが「子供は強制したらやりたくなくなる」ということ。

自主的に行動させるためにどうしたのかという具体例をご紹介します!

 

1.やりたくなるような環境づくりをする

・平野美宇はキティちゃんが大好きだった為、卓球台にキティちゃんを置いて「ごはんをあげようね」と、ボールをご飯に見立ててうまく当てる練習をさせていた。

ちなみに、この頃はキティちゃんのお店を開くことが夢だったそうです!

 

2.自分のことは自分でやる

・.おむつが取れないうちから、おむつ入りのリュックを背負わせていた。

平野美宇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です