稀勢の里横綱昇進で給料待遇は?彼女も結婚も嫁もこれから?

稀勢の里 横綱

日本人として19年ぶりに横綱昇進となった稀勢の里に注目が集まっていますね!

横綱昇進ということで、その給料や待遇を調べてみました!

さらに、彼女や結婚、嫁についても!

スポンサーリンク

稀勢の里が横綱昇進

日本人力士として19年ぶりとなった横綱に昇進した稀勢の里。

大関として、これまで思った成績を残すことが出来ずに、苦労人として知られていますが、そんな中で大関から横綱昇進への条件を見事に満たしました。

大関から横綱昇進への条件は「2場所連続優勝、もしくはそれに準ずる成績」ということで、平成28年11月は12勝3敗で準優勝という結果でしたが、平成29年1月は14勝1敗でついに優勝を果たしました。

これまで、準優勝はあれど優勝がなかっただけに、今回の成績は稀勢の里にとっては最高の成績で、横綱昇進を掴み取りました。

亡くなった先代師匠の鳴戸親方も、大いに喜んでいることでしょう!

 

稀勢の里横綱昇進伝達式の口上がシンプルでも力強い

2017年1月25日に、日本相撲協会の使者から横綱昇進を伝達式にて言い渡された稀勢の里ですが、そこでの口上に注目が集まっていました。

これまでの横綱の口上は、四文字熟語を入れることが流行り?となっていたらしいのですが、今回の稀勢の里の口上は至ってシンプルなものでした。

「謹んでお受け致します。横綱の名に恥じぬよう精進致します。本日はありがとうございました」

 

まあ、本来の口上は四文字熟語を入れないのが普通なんだそうです。

今回の口上は、稀勢の里らしい口上だったと思います。

市長の鳴戸親方からは「常に冷静沈着な相撲」の教えを受け継いでいて、今回の口上もシンプルではありますが、その中に込められている思いが稀勢の里が言うことによって力強く感じました。

スポンサーリンク

 

そして、使者である春日野理事からは「自らの相撲道を邁進して、さらなる努力をして下さい」という言葉が付け加えられており、今までにないほどの期待を稀勢の里に寄せていることが分かります。

さらに、伝達式も都内の高級ホテルで行うという異例の場所でした。

横綱昇進は稀勢の里にとっては「ここからが本番」という意思を持っていて、慢心することなく横綱昇進後もさらなる成績が期待されます!

 

稀勢の里横綱昇進で給料や待遇は?

大関から横綱に昇進した稀勢の里の給料や待遇はどう変わるのでしょうか?

給料に関しては、大関時代が234万7000円でしたが、横綱になると47万3000円増えて282万円になります。

年収だと3384万円!!

 

さらに

横綱を締め、太刀持ち、露払いの力士と三つぞろいの化粧まわしを着けて土俵入りする。綱締めなどのため、大関で5人程度だった付け人は10人前後に増える。年寄名跡を襲名せずに引退しても、大関の3年間より2年長い5年間は、力士名のまま年寄として協会に残れる。

引用:http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1769770.html?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=20170125-01769882-nksports-fight

とのことで、待遇的にもやはり横綱ならではです。

 

横綱稀勢の里の彼女や結婚・嫁はこれから?

ついに日本人力士として19年ぶりという快挙を達成した横綱稀勢の里ですが、気になるのは彼女の存在ですが、現在は相撲が恋人ってことですね!

これまでは、相撲一本でここまで努力をしてきて這い上がってくるのに精一杯だった為に、彼女を作る暇もなかったそうなので、横綱昇進を期に彼女を作り、結婚や嫁も考えていってもいいでしょうね。

横綱になっても慢心することなく、まだまだこれからという意気込みは素晴らしいですが、身近で支えてくれる人が居ることでも、今後の横綱としての成績も良くなると思うので、彼女や結婚の報告を待ちましょう!

スポンサーリンク

稀勢の里 横綱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です