なんでも鑑定団の曜変天目茶碗が偽物?中島誠之助に疑惑

疑問

2016年12月20日放送された「開運!なんでも鑑定団」で、番組始まって依頼の大発見とされる国宝級のお宝「曜変天目茶碗」が発見されて話題になりました。

しかし、なんとその後専門家が「中国で売ってる偽物じゃね?」というような、持論を展開して中島誠之助の鑑定に疑惑を持っています!

散々煽っただけに、これで偽物なら中島誠之助はどうするのか・・・

なんでも鑑定団始まって依頼のお宝「曜変天目茶碗」

この番組は、視聴者やゲストが持ち込んだお宝を、それぞれの分野の鑑定士が鑑定してそのお宝に対して、値段を付けるというテレビ東京の人気番組です。

視聴率も毎回10%以上を叩き出すなど、その人気ぶりが注目される番組です。

 

2016年12月20日に放送された「開運!なんでも鑑定団」は、いつもよりも注目されていました。

「番組始まって以来のお宝が大発見される様子が放送されます」

と視聴者に対して、大体的に宣伝していたからです。

 

そのお宝とは「曜変天目茶碗」という中国の茶碗です。

福島県のラーメン屋店主の曾祖父が、買ったもので25年間押し入れに入っていたもの。

中島誠之助は「曜変天目茶碗」に間違いないと言い切り、世界に3点しか現存していない超レアなお宝に、2500万円の鑑定額を付けました。

問題の天目茶碗画像

 

曜変天目茶碗とは?

ではこの曜変天目茶碗とは一体どんな茶碗で、なぜに国宝級とも言われたのでしょうか?

漆黒の器で内側には星のようにもみえる大小の斑文が散らばり、斑文の周囲は藍や青で、角度によって虹色に光彩が輝き、「器の中に宇宙が見える」とも評される。現存するものは世界でわずか4点(または3点)しかなく、そのすべてが日本にあり、3点が国宝、1点が重要文化財に指定されている。日本では室町時代から唐物の天目茶碗の最高峰として位置付けられている。

曜変とは、建盞の見込み、すなわち内側の黒い釉薬の上に大小の星と呼ばれる斑点(結晶体)が群れをなして浮かび、その周囲に暈天のように、瑠璃色あるいは虹色の光彩が取り巻いているものを言う。この茶碗の内側に光を当てるとその角度によって変化自在、七色の虹の輝きとなって跳ね返ってくる。これが曜変天目茶碗にそなわっていなければならない不可欠の条件である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%9C%E5%A4%89%E5%A4%A9%E7%9B%AE%E8%8C%B6%E7%A2%97

 

そう、つまりは世界にたった3つしか現存していないからこそ超レアなお宝なんです。

ちなみに、完全な形での曜変天目茶碗は、鑑定団で見つかったので4つ目ですが、欠けた曜変天目茶碗などは他にもあります。

あくまで完全な形としての大発見という訳です。

 

曜変天目茶碗が偽物?中島誠之助の鑑定に疑惑

そんな大発見は、放送後に各メディアで報じられましたが、なんとここにきて「偽物」ではないかという専門家が現れました!

しかも二人も(笑)

 

1人目は愛知県在住の陶芸家で、NHKでも特集を組まれた曜変天目茶碗のプロである九代目長江惣吉氏です。

九代目長江惣吉氏が言うには、番組での曜変天目茶碗には、最大の特徴である「光彩」がないとのこと。

曜変天目茶碗の内側にある光彩は、光や角度に寄って輝き方が変わるそうです。

 

以下、九代目長江惣吉氏の見解です。

スポンサーリンク

疑問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です