なんでも鑑定団の曜変天目茶碗が偽物?中島誠之助に疑惑

2016年12月20日放送された「開運!なんでも鑑定団」で、番組始まって依頼の大発見とされる国宝級のお宝「曜変天目茶碗」が発見されて話題になりました。

しかし、なんとその後専門家が「中国で売ってる偽物じゃね?」というような、持論を展開して中島誠之助の鑑定に疑惑を持っています!

散々煽っただけに、これで偽物なら中島誠之助はどうするのか・・・

スポンサーリンク

なんでも鑑定団始まって依頼のお宝「曜変天目茶碗」

この番組は、視聴者やゲストが持ち込んだお宝を、それぞれの分野の鑑定士が鑑定してそのお宝に対して、値段を付けるというテレビ東京の人気番組です。

視聴率も毎回10%以上を叩き出すなど、その人気ぶりが注目される番組です。

 

2016年12月20日に放送された「開運!なんでも鑑定団」は、いつもよりも注目されていました。

「番組始まって以来のお宝が大発見される様子が放送されます」

と視聴者に対して、大体的に宣伝していたからです。

 

そのお宝とは「曜変天目茶碗」という中国の茶碗です。

福島県のラーメン屋店主の曾祖父が、買ったもので25年間押し入れに入っていたもの。

中島誠之助は「曜変天目茶碗」に間違いないと言い切り、世界に3点しか現存していない超レアなお宝に、2500万円の鑑定額を付けました。

なんでも鑑定団 曜変天目茶碗

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/kaiun_db/otakara/20161220/03.html

 

曜変天目茶碗とは?

ではこの曜変天目茶碗とは一体どんな茶碗で、なぜに国宝級とも言われたのでしょうか?

漆黒の器で内側には星のようにもみえる大小の斑文が散らばり、斑文の周囲は藍や青で、角度によって虹色に光彩が輝き、「器の中に宇宙が見える」とも評される。現存するものは世界でわずか4点(または3点)しかなく、そのすべてが日本にあり、3点が国宝、1点が重要文化財に指定されている。日本では室町時代から唐物の天目茶碗の最高峰として位置付けられている。

曜変とは、建盞の見込み、すなわち内側の黒い釉薬の上に大小の星と呼ばれる斑点(結晶体)が群れをなして浮かび、その周囲に暈天のように、瑠璃色あるいは虹色の光彩が取り巻いているものを言う。この茶碗の内側に光を当てるとその角度によって変化自在、七色の虹の輝きとなって跳ね返ってくる。これが曜変天目茶碗にそなわっていなければならない不可欠の条件である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%9C%E5%A4%89%E5%A4%A9%E7%9B%AE%E8%8C%B6%E7%A2%97

 

そう、つまりは世界にたった3つしか現存していないからこそ超レアなお宝なんです。

ちなみに、完全な形での曜変天目茶碗は、鑑定団で見つかったので4つ目ですが、欠けた曜変天目茶碗などは他にもあります。

あくまで完全な形としての大発見という訳です。

 

曜変天目茶碗が偽物?中島誠之助の鑑定に疑惑

そんな大発見は、放送後に各メディアで報じられましたが、なんとここにきて「偽物」ではないかという専門家が現れました!

しかも二人も(笑)

 

1人目は愛知県在住の陶芸家で、NHKでも特集を組まれた曜変天目茶碗のプロである九代目長江惣吉氏です。

九代目長江惣吉氏が言うには、番組での曜変天目茶碗には、最大の特徴である「光彩」がないとのこと。

曜変天目茶碗の内側にある光彩は、光や角度に寄って輝き方が変わるそうです。

 

以下、九代目長江惣吉氏の見解です。

 

九代目長江惣吉
スポンサーリンク

「番組を見ていて思わず絶句しました。どう見ても中国の商店街で売っているまがい物にしか見えなかった」

「肝心の輝きがない」

「そもそも“曜変”とは“光り輝き、変幻する”を意味します。本来、曜変天目の釉薬には天然材料が使われており、焼き方によって色合いが変化して、ブラックオパールのように鮮やかな光彩が発現します。 しかし、鑑定団で紹介された茶碗は変幻する光彩ではなく、単に赤、緑、青などの釉薬がそのまま発色したものに見える。これは東洋的な味わいに欠ける」

「おそらく、ヨーロッパで18世紀以降に開発された陶磁器釉薬用絵具の『スピネル顔料』を塗り付けて発色させたもので、私は描彩天目と呼んでいます。時代からみても宋代の作品ではありません。器の外側に雲のような模様が出ていることも不可解です。国宝の曜変天目には、器の外側にほとんど模様がありません。鑑定品のような茶碗は今も福建省の建窯周辺にある“倣製品工房”で大量に作られており、2000~3000円で購入できます」

引用:http://www.news-postseven.com/archives/20170123_486322.html?PAGE=3

 

さらに、中国陶磁器の専門家である沖縄県立芸術大学、森達也教授も「映像からは本物である可能性は低い」とコメントしています。

 

森達也教授

「鑑定品の裏に記された『供御』という文字について、番組で“将軍が使う陶器に彫る文字”との説明がありましたが、この文字は中国で彫られるもので、日本にある伝世品で『供御』と記されたものを見たことがありません」

引用:http://www.news-postseven.com/archives/20170123_486322.html?PAGE=3

 

国宝級のお宝なのに曜変天目茶碗の値段が安い?

番組では始まって依頼のお宝であることを全面的に出していましたが、鑑定額は2500万円と視聴者からは「安すぎる」という声が。

オークションにでも出したら5000万円でも即決するという意見まで出ています。

現存する本物の曜変天目茶碗において、完全な形で残っているのは3つありその中でも、最も美しい形とされる静嘉堂文庫の通称:稲葉天目の値段は関係者の話では数十億だと言います。

曜変天目茶碗 稲葉天目

出典:http://www.seikado.or.jp/collection/clay/001.html

とあれば、今回の曜変天目茶碗は完全な形であり、国宝級のお宝なので5000万~数億円ほどの値段でも良かったのではと思います。

値段を抑えた理由について推測する人は2500万円が相続税の非課税限度額ということを考慮して、億単位の値段を付けなかったとの噂もありますが、定かではありません。

 

 

中島誠之助の鑑定はあくまで「番組の独自の見解に基づくもの」

ハフィントンポストがこの曜変天目茶碗のことについて、テレビ東京に根掘り葉掘り問い合わせたところ・・・

鑑定結果は番組独自の見解に基づくものです。
また、番組の制作過程については従前よりお答えしておりません。

引用:http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/10/nandemo-kantei-dan-youhen-01_n_14074204.html

あくまで、個人的な見解であり、第三者の鑑定もしていない状況だということです。

これで、言い切るのはどうなんでしょうね。

 

実は中島誠之助は過去に鑑定間違いをしていたそうで、その際には再鑑定をしたとのこと。

「猿も木から落ちる」ということわざがあるように、専門家でも間違えることはあると思いますが、果たして今回の一件はどうなるのか・・・

言い切っただけに、偽物ならこれは面目丸つぶれですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です