ピコ太郎の収入と武道館ライブチケットは高いか検証!

ピコ太郎 収入

いまや世界のアーティストと化したピコ太郎ですが、2017年3月6日に武道館ライブが決定するという勢い。

そこで、ピコ太郎は武道館ライブで収入がアップするのか?

チケットは高いのか検証してみました!

ピコ太郎武道館ライブ決定

ピコ太郎がデビューから1年も経たない内に、アーティストの聖地である日本武道館でのライブ「PPAPPT in 日本武道館」が決定しましたね(笑)

ジャスティンインパクトから始まったこのブレイクは、一発屋にしても大成功です。

そんなピコ太郎がアーティストとして、武道館ライブとはデビューした当時に誰が予想したでしょうか。

 

そんなライブ「PPAPPT in 日本武道館」の詳細はこちら!

「PPAPPT in 日本武道館」詳細

■公演スケジュール
[東京]2017年3月6日(月)日本武道館
開場18:00 開演19:00 終演予定20:30

■ゲスト
SILENT SIREN/LiSA and more! *五十音順

■特別出演
上田晋也(くりぃむしちゅー)

■チケット料金
指定席:¥5,940 ファミリー席(着席指定席):¥5,940
※税込/3歳以上有料/枚数制限4枚
※ファミリー席(着席指定席)は公演中、必ず着席していただくお席となります。
※アリーナにキッズエリア設置予定です。ただしスペースが限られておりますので、
当日先着順でご入場いただけない場合がございます。
※記載の内容は予告なく変更になる場合がございますのでご了承下さい。

引用:http://avex.jp/pikotaro/news/detail.php?id=1045195

 

小さい子供にも大人気ということで、キッズエリアもしっかり考えられていますね。

ピコ太郎さすがですね!

 

ピコ太郎武道館ライブチケットは高い?

さて、今回の武道館ライブですが、チケット代は一律5,940円となっていますが、この金額に賛否両論(笑)

 

個人的には、特別出演の上田晋也、ゲストにサイレントサイレンやLiSAなどのアーティストも出演するとなので、まあ打倒な値段かなとは思います。

ゲストへのギャラも払わなきゃいけないですし。

それに、こうしたゲストを呼ぶことで、そのゲストのファンも会場に来させられるので、集客の手段としてはありですね。

 

ですが「高すぎる!」という意見も分からないこともありません。

今回のライブは1時間半という短時間の中で、ピコ太郎メインの楽曲は当然1時間半ももたないので、ゲストとのPPAPなどのコラボに時間が費やされるようです。

さらに、サイレントサイレンやLiSAなどのアーティストは、自身の楽曲を披露することはないとの情報があり、ファンとしては物足りないかもしれませんね。

 

まあ、世界中で幅広い年齢層から支持されているピコ太郎なので、チケット代はこれくらいがベストなのかなと思います。

 

ピコ太郎武道館ライブで収入アップ?利益はどれくらい?

ピコ太郎が武道館ライブをやることで、どのくらいの収入になるのでしょうか?

まず武道館でライブをやるということは、どのくらいの経費がかかるのか見てみましょう。

「武道館クラスの会場だと利用料は1日500万円以上。さらにセットを組むための設営日も必要で、設営日は半額程度で借りられますが、それでも会場費だけで1000万円近くになりますね。意外に大きいのが場内整理などの人件費。武道館クラスの大会場だとライブ当日には100人以上、設営日でも数十人のスタッフが必要です」

さらに、ステージの設営や音響設備にも大きなコストがかかる。しかも最近はステージにセリや奈落を作ったり、2階建てにしたりと、演出はどんどん派手になっていく傾向にある。

「たとえば、大会場ライブには欠かせない大型スクリーンは、画質鮮明なLEDスクリーンだと1日で数百万円以上になります。さらにその日だけ公開するスペシャル映像の制作費、レーザー光線や炎の演出といった特殊効果など、コストはいくらでも積み上がっていきます」(前出・芸能プロ関係者)

引用:http://www.asagei.com/excerpt/31947

 

数千万円台~1億にも達することがあるという武道館ライブの経費。

スポンサーリンク

ピコ太郎 収入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です