GENKING(ゲンキング)現在のインスタ炎上理由や1000万借金の過去暴露!

しかし、その生活は作られたものでした。

「理想のイケメン像」を演じていたということで、高価なブランド物をカードで買ったりしていたことを、テレビ番組で暴露していました。

まあ、結果的にその後ブレイクしたので、先行投資だったのかも?

GENKINGの現在!誹謗中傷でインスタ炎上理由!

相変わらず派手な生活を送っているようです。

まあ炎上理由は以前からの件と、このやり方に不満や妬みを持っている人が相変わらず多いからでしょうね。

自宅のあらゆる場所にはインスタにさり気なく写り込ませるためにお金がかけられており、高級ブランドをモチーフにした壁のアートは総額約70万円。また、業者に頼みスワロフスキーでデコレーションした水筒やルンバは、デコ代が本体代を上回り1つ約数10万円。スマートフォンケースは2週間に1回替え3万円かかるため年間72万円出費。家具も頻繁にチェンジし、友人に譲ることを明かした。

料理のショットも高級な食器を愛用し抜け目なく、色違いの靴などがいくつも並んだ広大なクローゼットも公開。「(インスタに)あげたらあんまり使わない」という数百万円のバッグも出揃っていた。

さらに、背景のために友人からプレゼントされた2000万円の高級車も。最終的に「色んなところ撮り終わったらお引越しします」とあっさり

 

引用:https://mdpr.jp/news/detail/1636333

 

この派手な生活スタイルやオネエということで、毎日のように誹謗中傷を受け、コメントを削除するのも、家族や友人からも心配の連絡も来くる状況、ファンとアンチが喧嘩することも嫌になり、一時インスタ更新を辞めました。

しかし、誹謗中傷ばかりでもなく、ファンからモチベーションをもらっていることも明かし、復活させました。

 

現在は主に、ファッションや美容関連の関係者から、インスタを通してPRの依頼を受けています。

その為に、インスタの写真1枚1枚にお金をかけてよりハイクオリティーな写真を作ることが営業活動になっているんですね。

 

さらに、GENKINGは芸能界入りする以前の2014年に自身のオリジナルブランドである「BADASS」を立ち上げています。

ペイントが得意でハイブランドのバッグや靴にペイントしていることが話題になり、依頼が来るほどの人気があります。

つまり、インスタはGENKINGにとっての営業ツールとしているために、お金をかけているのです。

無駄に派手な生活を送っているわけではなかったのですね。

気に入ったらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。