おんな城主直虎の感想で分かる視聴率が低い理由!

柴咲コウ 直虎

2017年1月から始まった大河ドラマ「おんな城主 直虎」ですが、初回視聴率が低かったことが話題に!

始まったばかりの直虎ですが、視聴率の低さにはどんな理由があるのでしょうか?

感想などを参考にその理由を調べてみました!

スポンサーリンク

おんな城主直虎の初回視聴率

2017年1月8日から放送が始まったNHk大河ドラマ「おんな城主 直虎」ですが、その初回視聴率が発表されました。

おんな城主 直虎 初回視聴率・・・16.9%

この数字は過去の大河ドラマと比べると、どのくらい低いのか?

 

過去の大河ドラマでの初回最低視聴率は

1989年 春日局・・・14.3%

次に低いのは

2015年 花燃ゆ・・・16.7%

となっています。

 

つまり過去初回最低視聴率のワースト3の記録を叩き出してしまったのです。

それは一体なぜなんでしょうか?

おんな城主直虎の初回視聴率が低い理由

やはり「井伊直虎」という人物がマイナーすぎる点です。

2015年の大河ドラマ「真田丸」の真田幸村からすると、知名度はありません。

歴史的な資料もあまり残ってない人物ということも、拍車をかけていると思います。

井伊直虎は一部の歴史ファンの間では有名だということですが、一般的にはやはり知名度は少ないのです。

 

ちなみに真田丸の初回視聴率は19.9%だったということで、初回からそれなりの数字を出していました。

それは、初回から子役を使わなかったということも影響しています。

視聴者の中には、やはり主役の演技を期待している人も多く、子役と言えども演技力の点からすれば劣る部分もあり、最近の平成顔の一本調子な演技が苦手な人もいるようです。

朝ドラも大河も子役から始まるのって苦手です。典型的なお転婆少女以外に何かないのでしょうか・・。子供ってこんな感じでしょ、とすごく適当に描いているような気がします。物怖じしなさすぎ、大胆すぎ、いい子すぎに見えて物語に入っていけません。竜神なんとかなどファンタジーすぎるのも着いていけない。次も絶対見よう!という期待はあまりもてませんでした。

スポンサーリンク

引用:http://tv.yahoo.co.jp/review/detail/353227/?rid=14840168186887.a1b9.13233&o=1&s=48

 

おんな城主直虎の感想と今後の視聴率

初回が放送され、初回視聴率がワースト3という記録を叩き出してしまった直虎ですが、今後の視聴率はどうなっていくのか?

花燃ゆのように、初回の視聴率がそのまま最高視聴率になってしまうのか、気になる人も多いと思います。

初回を見終えての感想としては

「予想以上に面白かった」

「今年は今のところ期待できそうな感じ」

「子役ちゃん達の演技に引き込まれた」

「あの少女の笑顔がこのおれを悩殺する! 凄い!凄すぎる!」

「一話が放送されてまだ二日目だというのに、もう次回が待ち遠しい。大河でこんな気持になるのは実に久しぶりだ。」

ということで、子役の演技が素晴らしかったという意見も多く、見る人によっては高評価でした。

 

ですが、一方でこんな意見もありました。

「初回見て生ぬるさを感じた。どこかほのぼのとしていて戦国らしさを感じられず和気藹々。なんだか嫌な予感。」

「視聴者が逃げないようにという工夫なんだろうけど、話が早すぎません?」

「相関図が手元にないと内容が分かりづらい。」

「春風亭昇太が演じる今川義元。ひたすら顔が醜悪で、不気味…。 風格とか威厳とか、まったく感じられなかった。 」

「なんか展開が早すぎて誰が誰だか把握する時間が欲しかった。」

 

まあ初回ということで、これから期待するしかないですね。

脚本家である森下佳子も、資料がないからこそ自分なりの直虎を描いていくとコメントしています。

森下佳子はヒット作を出してきている脚本家なので、今後に期待です。

 

まだメインキャストも出てきてないですし、出てこれば視聴率も上がってくることでしょう。

さらに、直虎の脇を固めるキャストも今後どんどん出てきます。

1989年の大河ドラマ「春日局」は初回こそ最低でしたが最高視聴率は39.2%で、平均視聴率が32.4%という結果を出したこともあるので、直虎もこのような不死鳥のように復活していく大河ドラマになればいいですね。

 

 

スポンサーリンク

柴咲コウ 直虎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です