おんな城主直虎全話ネタバレあらすじ視聴率!男?信長と信玄!

柴咲コウ 直虎

2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」に注目が集まっていますね!

主演は井伊直虎役の女優の柴咲コウさんということで、1年間楽しみです!

今回は直虎は実は男だった可能性や、全話ネタバレ含むあらすじ、視聴率、そして信長と武田信玄との関係について!

大河ドラマ「おんな城主 直虎」1話あらすじネタバレ

2017年の大河ドラマは、戦国時代から安土桃山時代を駆け抜けた、井伊直盛の娘であると同時に、遠江井伊谷の女領主だったとされています。

まずは1話のあらすじをご紹介します!

天文13年(1544)遠江の国・井伊谷。のちに井伊直虎(柴咲コウ)という勇ましい男名で戦国の世を生き抜くことになる少女・おとわ(新井美羽)は、井伊家当主の父・直盛(杉本哲太)と母・千賀(財前直見)のもと幸せな日々を過ごしていた。おてんばなおとわの遊び相手は幼なじみの亀之丞(藤本哉汰)と鶴丸(小林颯)。ある日、おとわに亀之丞との縁談話が舞い込む。当主の座を継ぐつもりだったおとわは最初戸惑うが、やがて亀之丞の妻として井伊家を支えていこうと心に決める。そんな折、亀之丞の父である井伊直満(宇梶剛士)が、主家である今川義元(春風亭昇太)に謀反の疑いをかけられ、駿府に呼び出されることになる。

引用:http://www.nhk.or.jp/naotora/cast/detail/chika.html

ここからは1話のネタバレを歴史上の史実から書いていきます。

幸せに暮らしていましたが、主家である今川義元への謀反の疑いをかけられたのは、実は全くのデタラメだったんですね。

このデタラメを言った人物は井伊家の家老であった小野正直でした。

この時、武田軍が遠江国への侵攻を進めようとしていたために、井伊直満と弟の直義兄弟は武田軍への準備を進めていました。

 

小野正直は、井伊直盛が井伊家に直虎しかおらず、男の子がいなかったために、嫡男の井伊直親(井伊直満の息子・亀之丞)を養子として迎えることを決定。

しかし、このことに不満をいだいた小野正道が、今川義元へ完全なデタラメを吹き込みます。

武田軍への準備をしていた井伊直満と弟の直義兄弟が今川義元のいる、駿府城へ呼び出されそこで、二人は自害に追い込こまれてしまいます。

 

そして、小野正直は残された井伊直親(亀之丞)を亡きものとしようとしますが、それを直親の家老であった今村正実などによって逃されます。

父親である井伊直満が小野正直の謀反によって、亡くなってから11年後に小野正直が亡くなったことをきっかけに、井伊直盛は井伊直親を改めて養子に迎え入れることになります。

 

大河ドラマ「おんな城主 直虎」全話あらすじネタバレ!実は男?

1話のあらすじやネタバレはすでにご紹介したので、その後のネタバレを書いていきます。

先程の続きから書いていくと、直親を逃してから、直虎は「次郎法師」という名で出家することになります。

 

おまけ程度に補足しておくと、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公である直虎は、柴咲コウさんが主演で務めていますが、実は史実上では女ではなく男だった可能性があるという資料が発見されています。

この「次郎法師」が直虎ではなく別人の女性だった可能性があるということです。

 

さて、その後1560年(永禄3年)に桶狭間の戦いにて、直虎の父である井伊直盛が亡くなります。

さらに、養子として直盛の息子であった直親はその後、直盛のあとを継ぐことになりますが、直盛が亡くなってから2年後の1562年(永禄5年)に、なんと直親も父親(井伊直満)同様に今川氏によって亡きものとされます。

これは因縁としか言いようがありませんが、あの小野正直の子供である小野道好(小野政次)が、今川氏へ、父親同様にデタラメを吹き込んだ為でした。

 

その後、1563年(永禄6年)に井伊家の曽祖父である井伊直平の急死、さらに1564年(永禄7年)には引間城(浜松城以前の浜松の拠点)攻めにおいて、家臣たちを失うことになります。

この時に直親の息子である、虎松(井伊直政)を鳳来寺に預け、1565年(永禄8年)に、直虎は女性として井伊家の当主、領主になります。

領主になったことで、直虎は宗教と井伊家相続の権利を得ることになり、領地支配を実行していきます。

 

そして、1566年(永禄9年)に、今川氏が井伊谷一帯に徳政令を発動したものの、領地支配を実行していた直虎の反対により2年間実施されず。

しかし、その2年後の1568年(永禄11年)には、反対していたものの農民が今川氏に実施を迫っていたために、直虎は徳政令発動に渋々署名をします。

ここで、徳政令発動反対派であった直虎側と、徳政令賛成派の井伊家の家老である小野道好との対立が激しさを増すことに。

 

小野道好(小野政次)は直虎が幼少の頃に、直虎を亡きものにしようとしていたほど、直虎のやり方には反対でした。

柴咲コウ 直虎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です