ドラマ陸王(池井戸潤)のあらすじネタバレやキャスト!放送日は?

陸王 ドラマ ネタバレ

あの半沢直樹シリーズで有名な池井戸潤さんの新作「陸王」が、2017年にドラマ化することが決定しましたね!

半沢直樹も、下町ロケットもとても面白かったので期待しています!

今回はドラマ「陸王」のあらすじネタバレ、キャストや放送日の紹介をします!

池井戸が原作の新作「陸王」ドラマ化!あらすじ・ネタバレ!

池井戸潤さんと言えば金融関連の小説が有名で、ドラマ化した「下町ロケット」や「半沢直樹」などが大人気ですよね!

池井戸潤さんが小説家を目指したきっかけは、小学生の時に江戸川乱歩賞を受賞した作品も含めてミステリー小説を読み漁っていたことがきっかけで、作家を目指したそうです。

その後、三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)へ入行しています。

池井戸潤さんが半沢直樹シリーズのような金融関係の小説を書けるのも、こうした経歴があるからなんですね!

 

そんな池井戸潤さんの今回の新作の「陸王」とはどんな作品なのでしょうか?

あらすじ(ネタバレ含む)をご紹介します!

 

2016年7月に出版されたこの作品は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者「こはぜ屋」がランニングシューズ開発事業へ参入して、会社存続をかけて奮闘するストーリーです!

 

こばせ屋は創業100年を誇る老舗足袋製造業者。

しかし、取引先である百貨店に卸す量が、年々減少していることを危惧していたこばせ屋社長の宮沢紘一は、危機感を覚えていた。

そんな時、スポーツ用品店に訪れた宮沢は5本指のスニーカーを見つけ、自社の足袋の技術を活かしてランニングシューズを製造・販売出来ないものかと考えます。

 

しかし、製造から販売までには多額の資金が必要となることや、本当に老舗の足袋製造業者で大手のメーカーを相手に生き残れるのかなど、不安がつきまといます。

そこで、宮沢が思いついたのが「ミッドフット着地」を実現するランニングシューズであった。

 

ミッドフット着地とは、足裏の中足部(中心付近)から着地する方法。

この着地方法は、怪我や故障を軽減してくれるというもので、それをランニングシューズを履くことで実現させようというコンセプトの元、「陸王」と命名した試作品を完成させる。

ソール部分には新素材「シルクレイ」を使用することを考え、その特許を持つ飯山晴之を説得し、陸王プロジェクトの一員に加わることになる。

スポンサーリンク

陸王 ドラマ ネタバレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です