プラミアムフライデー実施恩恵は大企業や役所公務員だけ?サービス業・派遣は?

プレミアムフライデー

経済産業省が2017年2月から実施予定のプラミアムフライデー。内容だけ見れば働きすぎの日本人にとっては嬉しい限りですが、その恩恵を受けられるのは大企業や公務員だけ?サービス業、学校職員、派遣社員などはどうなる?

プラミアムフライデーとは?

経済産業省と経団連が実施を決定した「毎月月末の金曜日には午後3時までに全員が退社しましょう!」というもの。目的は「仕事の拘束時間を減らすから、街に出て遊んだり、旅行に行ったり、買い物をしたりして、日本経済に貢献してくださいね!」という消費を促す、さらに家族と一緒に過ごしたり自分の時間を作ることでの充実感や満足感を作るといった目的が狙いです。

内容だけ見ると、日本人にとっては嬉しい限りです。確かに日本人は世界から見ても「働きすぎの国」という事実があり、有給消化率も韓国に続いて下から2位という素晴らしい結果になっています。さらに、自分の有給日数を知らなかったり、有給自体を消化するのに罪悪感を感じる人が多いのも世界No.1です。

 

経済産業省が公開している公式情報がこちら!

 

 プレミアムフライデーの実施方針

(1) 実施時期

平成29年2月24日(金曜日)(2回目以降も「月末」の「金曜日」を軸に実施)

(2) 実施主体

買物・観光・ボランティア・家族との時間など、多くの方が「生活の豊かさ」や「幸せ」を感じられるよう、付随する商品・サービス、イベントなどを地域・コミュニティ・企業等で検討

(3) 対象地域・業種

全国各地で、業種にとらわれずに実施

(4) 実施期間

金曜日を核とし、金曜日から日曜日の3日間とするなど、柔軟に設定

引用:http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161212001/20161212001.html

 

しかし・・・

スポンサーリンク

プレミアムフライデー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です