イエモンが紅白2016初出場!なぜ?理由は?

今年も紅白の話題が出てくる時期になりましたが、あのロックバンド「イエモン(イエローモンキー)」がなんと12年ぶりに再結成したその年に紅白出場が決定!

12年ぶりに再結成していきなりの紅白出場はなぜ?理由を調べてみました!

 

イエモン紅白出場!

ロックバンド「イエローモンキー」ことイエモンが、なんとNHKのオファーを20年ぶりに受けて紅白初出場が決定しました!

イエモンの経歴を簡単に書くと・・・

 

1988年に結成して1992年にメジャーデビュー。

ボーカルの吉井和哉さんを筆頭に、ギター・ベース・ドラムの4人組。

バンド名の「イエローモンキー」の由来は、東洋人を蔑称する際に使用される言葉でネガティブワードなんですが、自身のイニシャルであるYが入っていることと、「ダサくてシニカルな名前にしたい」という想いから。

 

メジャーデビューしてから9年後の2001年に活動休止し、2004年に解散。

しかし、12年後の2016年に再結成を果す。

 

再結成の理由に関しては、ボーカルの吉井和哉さんがメンバーに呼びかけたことから始まります。

吉井和哉さんはロンドンまで大好きな「ローリング・ストーンズ」の結成50周年記念ライブを見に行ったこと、そして7月7日がイエモンの解散記念日だったということから、メンバーに対して「もう一度バンドをしませんか?」と呼びかけたんですね。

この呼びかけに対して、メンバーもまたバンドが出来るということで、賛成し再結成したというわけです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です