トランプ政策で日本への影響は?若い頃はホームアローン2に!

アメリカ大統領選を終えて、見事に世間の予想を覆し、ドナルド・トランプ氏が勝利しました。

今後の政策が日本へどう影響してくるのか注目されています。

若い頃はホームアローン2に出演していた!?

若い頃はホームアローン2に出演していた

トランプ氏がなんとあの有名なホームコメディ映画「ホームアローン2」に若い頃出演していたんです!

主人公であるケビン(マコーレー・カルキン)に高級ホテルで道を尋ねるシーンに登場していますね(笑)

 

%e3%81%91%e3%81%b3%e3%82%93

出典:http://livedoor.blogimg.jp/digi7/imgs/6/5/65b5bd87.jpg

 

私も映画を見ていましたが、全く気づきませんでした!

見つけた人すごいな(笑)

 

トランプ氏は若い頃は俳優だったの?なんて思う人もいるかもしれませんが、トランプ氏は俳優ではなく不動産事業を手広く行っていました。

そして、ニューヨークのマンハッタンにあるこの「プラザホテル」は、なんとトランプが1988年から1995年までオーナーだったという訳です。

トランプ氏がこのホテルのオーナーになった当時の年齢は42歳!

さすが不動産王と言われるだけありますね!

 

トランプ政策と日本への影響

さて、トランプ氏が大統領選で掲げていた政策はどんなものだったのか、日本への影響に関わる部分をピックアップしてみます。

まず、トランプ氏の根本にあるのは「世界最強のアメリカ」を作り上げるという考えがあります。

政策にはその考えがかなり含まれています。

 

軍事面

とにかく米軍を誰も逆らえないくらいの、巨大な軍隊にするために、米軍への負担額増加要求や、米軍を東シナ海や南シナ海へ増援させるというような政策です。

 

日本への影響

在日米軍への日本の負担額を増加で、アメリカは攻撃されても日本は動かないけど、日本が攻撃されたらアメリカは動かなきゃいけないということで、不公平だと主張しているからですね。

これに応じない場合は、在日米軍撤退の可能性もあるとのことです。

日本はアメリカがバックにいるから、守られている部分が大きいので、在日米軍が撤退すれば抑止力が弱まってしまいます。

 

そうなれば、もし攻撃された時に自分たちで対処をしなくてはいけません。

そのときに備えて、日本も韓国のように徴兵制になる可能性も浮上してきます。

 

経済面

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)からの離脱宣言は、ヒラリー氏も言っていたことですが、TPPにはアメリカと日本を筆頭に12カ国が参加しています。

TPPを簡単に言えばみんなで関税を撤廃したり、共通のルールを作ったりして経済を回していきましょう!的な協定です。

今回のトランプ氏の離脱は、始めにも言いましたが「世界最強のアメリカ」を目指しているので、自国の「製造業に打撃が及ぶ」という理由で「アメリカに都合の悪いものはいらない!」という考えの元、離脱を宣言。

 

でも、アメリカと日本が手動で協定を作りましたが、アメリカの離脱によってTPPそのものが危うくなります。

アメリカの影響力は、TPP加盟国の約6割なんです。

日本はというとアメリカの1/3以下です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です