わろてんかの原作あらすじやキャストは?吉本せいとは?

シェアする

waro

2017年秋のNHK朝ドラが「わろてんか」に決定しましたね!

この「わろてんか」は、あの吉本興業の創業者である吉本せいさんがモデルです!

今回は吉本せいさんや、原作あらすじキャストなどを調べてみました!

スポンサードリンク

わろてんかの原作あらすじやキャスト

2017年の朝ドラはすでに前期が「ひよっこ」に決定していますが、後期も決定しました!

「わろてんか」という大阪弁のようなタイトルが示す通り、明治の後半から第二次世界大戦時の大阪が舞台となっています。

ヒロインは「藤岡てん」という女性で、戦時中の大阪で「笑い」でお金を稼ぐというビジネスを確立させる話です。

あらすじは「吉本せい」の生涯がモデルになっていると思いますので、読み進んでもらえれば詳細をご紹介しています!

大阪でお笑いをビジネスにしている会社といえばもうお分かりですね!

あの吉本興業の創業者である吉本せいさんが、今回の藤岡てんのモデルです!

この「わろてんか」には原作はなく、完全オリジナルストーリーです!

キャストに関しては、まだ発表はされていません。

まあ、流石に来年秋のドラマですからね(笑)

今後オーディションで決定するとのことで、非常に楽しみですね!

2017年5月から撮影が開始されるとの事ですので、2017年春頃にヒロインやその他のキャストが随時決定していくと思いますので、更新情報をお楽しみに!

モデルとなった吉本興業創業者「吉本せい」

さて今回の「わろてんか」のヒロイン藤岡てんのモデルとなった吉本てんさんについて、いろいろ調べてみました!

吉本せい 画像

出典:http://minato-q.heteml.jp/minato-q.jp/blog/wp-content/uploads/2014/02/%E2%91%A0%E5%90%89%E6%9C%AC%E3%81%9B%E3%81%84.jpg

吉本せいさんは明治21年(1888年)に兵庫県明石で生まれました。

スポンサードリンク

綿や麻の織物商の林豊次郎さんとちよさんとの間に生まれた娘です。

男6人の女6人の12人兄弟!!

12人兄弟はすごすぎる(笑)

小学校では成績優秀で、その後奉公先で「この子は商いの才能がある」と認められるほどでした。

明治43年に吉本せいが22歳の時に、吉本泰三と結婚しますが、泰三は芸事への浪費癖が激しく借金地獄に。

%e2%91%a2%e2%91%a5%e5%90%89%e6%9c%ac%e6%b3%b0%e4%b8%89出典:http://minato-q.heteml.jp/minato-q.jp/blog/wp-content/uploads/2014/02/%E2%91%A2%E2%91%A5%E5%90%89%E6%9C%AC%E6%B3%B0%E4%B8%89.jpg

夫婦喧嘩をする中で、せいが「そんなに芸事が好きなら、二人でコヤ(興行小屋)を持ちませんか?」と提案します。

明治45年についに「文芸館」というコヤを開きます。

しかし当初は、披露する芸に困り、苦労して様々な芸人たちに声をかけ運営します。

大正7年には、金沢亭という大阪のコヤの買収に乗り出し、渋られるもののその才能を発揮して成功します。

このコヤの名前を「花月」と名付けます。

%e2%91%a3%e2%91%a4%e8%8a%b1%e6%9c%88

出典:http://minato-q.heteml.jp/minato-q.jp/blog/wp-content/uploads/2014/02/%E2%91%A3%E2%91%A4%E8%8A%B1%E6%9C%88.jpg

順調にコヤを経営していくものの、昭和に入り大阪は戦争で空爆されそのコヤを全て破壊されます。

そして、実弟である林正之助に吉本の全てを譲って、甲子園の自宅にひきこもります。

その後、昭和25年に62歳でこの世を去ります。

簡単ではありますが、吉本せいさんの生涯をご紹介しました!

この生涯の話をモデルに脚本は書かれるので、あらすじが気になる人は実際のドラマと見比べてみるのも面白いかもしれませんね!

スポンサードリンク
いいねよろしくお願いします!
わろてんかの原作あらすじやキャストは?吉本せいとは?
この記事をお届けした
Answer Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする