川栄李奈の演技が下手?日本一と言われる理由!

元AKB48として活躍していた川栄李奈さんですが、女優に転身してから、着実にその演技力をアップさせています!

AKB卒業生の中、いや日本一と言われるその演技で、朝ドラ「とと姉ちゃん」や映画「デスノート」にも出演しているその理由を調べてみました!

川栄李奈は演技下手?AKB時代から演技力の評判が良かった

川栄李奈さんですが、AKB時代から様々なドラマに出演していましたね。

 

その中で、やはり演技に関しては上手いという意見が多く、卒業後は女優としての道を予想されていました。

 

一般視聴者の反応

そんな中でも2014年に放送されたドラマ「ごめんね青春!」に出演した際の反応が良かったですね!

 

 

その後2016年始めのドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査7課」では、ギャルとして普段とは違う姿を見せ、その演技力はやはり評価されていました。

 

 

2016年春のドラマである「早子先生、結婚するって本当ですか?」では既婚者役を演じましたね!

 

 

朝ドラ「とと姉ちゃん」でも既婚者役を演じています。

 

 

2016年夏のドラマ「死幣-DEATH CASH-」ではスピリチュアルな役を演じています。

 

 

とまあこんな感じで、ファンや川栄李奈さんにあまり興味が無かった人たちまでも、その自然でどんな役も器用にこなしてしまう演技力が知れ渡ってきました。

 

業界人の反応

2014年のドラマ「セーラーゾンビ」では

『セーラーゾンビ』(テレビ東京)に主演すると、企画・総合演出の犬童一心から、「本当に、いわゆるスキルの高い女優さんという感じですね」「これから女優さんとしてやっていく人になるんだろうなというのは、僕はすぐにわかりました」

引用:http://www.oricon.co.jp/news/2057571/full/

 

まだAKBを卒業するまえの演技ですが、元々の女優としての潜在能力はかなり高かったことが伺えますね!

 

2015年の舞台「AZUMI 幕末編」では

演出の岡村氏は「2週間でほぼ段取りを覚えていた」と初舞台に挑んだ川栄の“覚えの良さ”を褒め、AKB48時代は選抜総選挙で16位が最高位の川栄に「伸びが良いし、今の演劇界では1位を獲れると思う」と太鼓判。この言葉に川栄も背筋を正し「本当に頑張ります」と目を輝かせた。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です