高樹沙耶現在は大麻で逮捕!考え方がヤバイ!危険性は?

シェアする

taima

元女優の高樹沙耶さんが、覚醒剤(大麻)所持の疑いで逮捕されましたね。

しかし今回の逮捕は、想定内だったという声も多く、以前から怪しい感じはありました。

大麻に対する考え方などを紹介します!

スポンサードリンク

高樹沙耶が大麻所持で逮捕も想定内?

元女優として相棒などの人気ドラマに出演していた高樹沙耶さん。

今回大麻所持で逮捕されましたが、この逮捕劇は以前から予想されていたものだということが明らかになりました。

実は高樹沙耶さんは、以前から大麻に対する独特な考え方があったみたいです!

近年では、自然のエネルギーを活かす考え方が強くなっていき、その中の一つとして「大麻草検証委員会」の幹事にもなっていたんです。

高樹沙耶さん本人は大麻についてこんなコメントをしています。

「大麻については持続可能な暮らしをサポートする大切な天然資源の一つと以前から思っていました。」

「(大麻は)私個人の感覚からしましては、お酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感を得られる、そしてアンチエージングには最高の植物だと信じております」

引用:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160502-OHT1T50093.html

さらに

「今、人類は正気を失っていると思います。身体に蓄積された化学物質や、空気中に飛び交う電磁波、放射線。もう、末期的と言っても過言ではないでしょう。このような状態にこそ、聖なる植物が本当に必要なのだと感じています」

引用:http://www.cyzowoman.com/2013/02/post_7973.html

う~ん、何かしらの見えない力を感じます(笑)

完全に大麻信者になっていますね。

まあ、高樹沙耶さんの言い分も分からなくもない部分もあります。

大麻は使用方法や精製方法を限定すれば医療用にも使用されています。

スポンサードリンク

そもそも大麻って?大麻の光と闇

大麻とはアサの花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたものであり、日本では法律で所持や栽培などが禁止されています。

大麻を摂取したときの症状としては、気分が高揚し、多幸感が生じる場合と不安や恐怖、猜疑心を伴い時にパニックに陥る場合があります。

心悸亢進、結膜の充血、色彩や音の感覚の変化なども起こります。

こうした現状があるから、やはり犯罪に繋がる可能性やトラブルを引き起こす可能性が高いため、さらに他の薬物への入り口という事実もあり日本では規制されています。

しかし、世界的には一部の国で合法化されているところもあります。

大麻に関しては、そもそも依存性は他の覚せい剤等に比べて少ないそうです。

むしろ、タバコに含まれるニコチンやお酒に入っているアルコールの方が、中毒性が高い。

そして、アルコール中毒で死亡例もありますが、大麻過剰摂取による死亡例はこれまで報告されていないとのこと。

さらに、医療大麻と呼ばれる医療用に使用される大麻は、ガンやエイズなどの特効薬にもなっています。

こうした事実があると、大麻ってじゃあ合法でもいいんじゃないの?なんて考えてしまいますね(笑)

しかし、近年流通している大麻には、依存性を高める成分がかなり多く入っていることが判明しています。

通常の効果では物足りい人たちが、そうやってどんどん悪用していくから、禁止されることになっていくんですね。

年齢制限や使用方法や精製方法、量をしっかり限定すれば、医療用などに役立っているものですから、嗜好品としての使用に関してはやはり使用者の意志次第なんでしょう。

医者やカウンセラーはやはり大麻依存の患者を見ているので、合法化の動きに対しては真っ向から反対しています。

問題はさらに深刻化していくと。

今回の大麻所持に関しては、その独特の考えがあり所持していたものと思われますが、あくまで健康のためって理由なんでしょうね。

う~ん、賛否両論ですね。

スポンサードリンク
いいねよろしくお願いします!
高樹沙耶現在は大麻で逮捕!考え方がヤバイ!危険性は?
この記事をお届けした
Answer Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする