忍びの国原作あらすじネタバレ!キャストや相関図やロケ地!

2017年夏公開予定の映画「忍びの国」。

豪華キャストが勢揃いで、気になるあらすじネタバレや相関図などを調べてみました!

原作やロケ地情報も!

 

 

忍びの国の原作あらすじネタバレやロケ地

忍びの国の原作は和田竜さんの「忍びの国」。

その舞台設定は、天正伊賀の乱(てんしょういがのらん)という伊賀と織田家との戦いを描いた物語ですね。

 

さてこの物語のあらすじというかネタバレをご紹介します!

天正4年(1576年)、北畠信雄は義父で元伊勢国司の北畠具教を討った。北畠が討たれたことにより伊賀の国は織田家の軍門に下ることを決め、その決定を信雄に伝える使者として下山甲斐の長男平兵衛が選ばれた。

わが子が殺されても平然としている父に内心反発していた平兵衛は、信雄に伊賀攻めを進言する。信雄は伊賀攻めを決め、手がかりとして伊賀の丸山城の再建をすすめることにした。

織田方から使者が来ると聞き、百地三太夫と下山甲斐はほくそ笑む。

平兵衛の裏切りは2人の策だったのだ。

計画通り織田方の資金で城を再建し、完成させたところで三太夫は城を焼き払った。

 

天正7年(1579年)、とうとう織田方が攻めてくるという。

自衛のための戦なので銭は出ないということに下人たちは反発し、半数が逃散すると決めた。

その状態では勝てるわけはなく、伊賀が滅びては元も子もないと考えた無門は 織田方に直談判に行くが、日置大膳との談判はうまくいかず、信雄の寝込みを襲うが失敗する。

伊賀攻めが始まり、数の上でも装備の上でも劣る伊賀者は劣勢に立たされる。

そのころ他の下人と一緒に伊賀を出ようとしていた無門は「なぜ逃げねばならぬのか」と不機嫌になるお国の様子を見て思い直し、ひょんなことで入手した北畠家の家宝「小茄子」を元手に「雑兵首には十文、兜首には十貫、信雄が首には五千貫を払う」と下人たちに伝え、形勢逆転をはかる。

 

原作での主人公の無門とはどんな人物なのか?

無門はお金のためなら人を殺めることも厭わないという冷酷さを持った伊賀忍者であると同時に、妻であるお国には頭が上がらず尻に敷かれているといった人物です!

忍者というとものすごく特殊なイメージで、美化されすぎたりしていますが、忍びの国においては、日常のそうした人間味ある部分もしっかりと描かれています。

 

残酷で冷酷な部分もありながら、コミカルな部分も忍者という特殊な職業を通して、表現されています。

しかし、忍者である無門たちの末路は悲劇的であることも同時に描かれています。

 

映画では、怠け者で不真面目な主人公という設定も含まれていますね。

原作を含めて、映画でしっかり作り込んでもらえていたら、相当面白い映画になると思います!

監督は「殿、利息でござる!」の中村義洋監督なので、めっちゃ期待しています!

 

ロケ地

具体的なロケ地情報は公式には発表されていませんが、エキストラ募集時の概要を見ると「つくば市某所」という情報がありました。

つくば市には、ワープステーション江戸という江戸時代を再現した施設があります!

%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%81%b0

出典:ワープステーション江戸公式ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です