ピコ太郎のYouTube動画収入や年収検証!

ポイント

もはや正体バレバレの古坂大魔王ことピコ太郎(笑)

元々お笑い芸人でしたが、その後音楽活動を通じて、バンドをやったりやアーティストに関わってみたりとマルチな才能を持っていますが、ピコ太郎が大ヒット!

ジャスティン先生のおかげでもありますが、果たしてその収入や年収はどうなんだ!?

ピコ太郎さんのYouTube動画収入

2016年10月18日現在で5300万再生ということで、ヤバいくらいその勢いが増しています。

ブレイクのきっかけは、何と言ってもジャスティン・ビーバー先生のおかげです。

なんせフォロワー8800万ですから(笑)

 

そんなピコ太郎さんのPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)ですが、かなり注目度が高いですよね!

なんたって世界中から注目されているわけですから!

こうなると、YouTube側もおそらく広告の単価をMAXにしているんじゃないかと思われます。

 

通常YouTube広告の単価は0.01円~0.5円ほど。

おそらく、芸能人レベル(人気ユーチューバーも含め)だと、その単価は高くなります。

だって、それだけ広告が見られる=動画が再生されるってことですからね。

 

つまり、最高単価である0.5円で再生されていたとすると、PPAPの動画の広告収入は2500万円以上!

スポンサーリンク

ポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です