ピコ太郎のYouTube動画収入や年収検証!

もはや正体バレバレの古坂大魔王ことピコ太郎(笑)

元々お笑い芸人でしたが、その後音楽活動を通じて、バンドをやったりやアーティストに関わってみたりとマルチな才能を持っていますが、ピコ太郎が大ヒット!

ジャスティン先生のおかげでもありますが、果たしてその収入や年収はどうなんだ!?

 

最新情報!

ピコ太郎が紅白出場決定!快挙まとめ!全米チャート入り証拠画像!

 

スポンサーリンク

 

ピコ太郎さんのYouTube動画収入

2016年10月18日現在で5300万再生ということで、ヤバいくらいその勢いが増しています。

ブレイクのきっかけは、何と言ってもジャスティン・ビーバー先生のおかげです。

なんせフォロワー8800万ですから(笑)

 

 

そんなピコ太郎さんのPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)ですが、かなり注目度が高いですよね!

なんたって世界中から注目されているわけですから!

こうなると、YouTube側もおそらく広告の単価をMAXにしているんじゃないかと思われます。

 

通常YouTube広告の単価は0.01円~0.5円ほど。

スポンサーリンク

おそらく、芸能人レベル(人気ユーチューバーも含め)だと、その単価は高くなります。

だって、それだけ広告が見られる=動画が再生されるってことですからね。

 

つまり、最高単価である0.5円で再生されていたとすると、PPAPの動画の広告収入は2500万円以上!

1ヶ月半で2500万稼いじゃいました(笑)

半端ねえっす。

 

PPAPだけでその金額なので、関連動画等を考慮しても総額で3000万は超えてくるんじゃないかと。

ただし、当然一人で全てやっているわけではないので、全て自分の口座に振り込まれるわけがありません。

どれくらいもらえるんでしょうね。

 

ピコ太郎の年収

さて、ピコ太郎は動画の収入ですでに今年は3000万ほど、さらにテレビ出演のギャラやなども含めると、推定ですが2000万くらいかなーなんて思います。

 

ピコ太郎こと古坂大魔王はエイベックスに所属しています。

芸能人と事務所の関係がある以上は、動画の収入も半分以上はエイベックスにいくことになります。

さらに、テレビのギャラなどもそうなので、動画収入がすごくてもフリーでない以上は総売上5000万稼いでもその半分かそれ以下くらいになる計算です。

 

今年後半からのブレイクということもあり、来年は上がるのか下がるのか(個人的には一発屋だと思ってます(笑))分かりませんが、今年だけで言えば2000万ほどはいくんじゃないかと。

半年でそれくらい一気に稼いだら十分だと思います。

ピコ太郎以外にも、古坂大魔王としての仕事もありますし、まあ臨時収入といったところでしょう!

 

追記

さらに今後の話をすると、PPAPが全世界配信されているのと、カラオケでの印税や地方やさらに海外への営業が増えれば、おそらく1億くらい稼いじゃうでしょうね(笑)

一発屋であっても、1年も経たずにそれくらい稼いじゃえば十分でしょうね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です