石原さとみも原因?ドラマ「校閲ガール」は批判される内容?感想は?

シェアする

91d41e34ea9c8f4e37c2f3c82e0e3e3b-640x350

現在放送されている石原さとみ主演のドラマ「校閲ガール」が、色んな意味で炎上していますね。

放送事故レベルとも言えるその内容はそれほど批判されるものなのか?

あくまでフィクションだと思うんだけど・・・

スポンサードリンク

ドラマ「校閲ガール」はそんなに批判される内容?

個人的な意見として述べていくので、賛否両論はあると思いますのでご理解下さい。

そもそもドラマという定義から見ていきましょう。

wikiにはこう記してあります。

観客の目の前の舞台で生の俳優が演じるのではなく、ラジオの音声やテレビ画面で聞かせたり見せたりする劇

そうあくまでフィクションなんです。

校閲ガールに関して言われている批判は以下の通り。

業界関係者の話では・・・

「大手出版社でも経営が厳しい出版不況のなか、どこの出版社でもコスト削減のために真っ先にリストラの対象となっているのが校閲部です。出版社の新入社員は通常、雑誌や書籍の編集部、最近ではデジタルメディア関連の部署に配属されるのが通常で、いきなり未経験の若手が校閲部に配属されるなど、あり得ません。専門職採用のようなかたちで校閲経験者を採用することはあるかもしれませんが、校閲者として採用された人がのちにファッション誌の編集部に異動するという話は、聞いたことがありません」

「同ドラマでは、まったく未経験で漢字すらろくに読めない河野が、入社早々にいきなりバリバリと仕事をこなすばかりか、大御所作家の原稿まで担当していますが、校閲という仕事をナメているとしか思えません。この仕事は、一般の人では気が付かないような日本語の使い方の間違いや表現の不自然さ、差別表現の有無、さらには細かいファクトチェック(事実確認)までを行うスキルが求められ、とにかく経験がものをいいます。そんな極めて専門性の高い仕事において、編集経験すらない若手がいきなり活躍するなど、無理があります」

引用:http://biz-journal.jp/2016/10/post_16860.html

さきほども言ったように、ドラマというのはあくまでフィクションであり、リアルを追求するドキュメンタリーではないってことです。

ドキュメンタリーであれば、現場とかけ離れた内容や編集が放送されていたら、それこそ大問題ですが・・・

確かに現場の言い分も分かりますが、ドラマですからね。

視聴者としては、校閲って仕事が分からないしなんとも思わないのですが、現場では現場なりの意見が他にもありました。

「そもそも校閲という仕事の本分は原稿の誤りを指摘するというもので、それ以上でも以下でもない、つまり活躍する余地などない裏方仕事です。このドラマのせいで校閲に対する間違ったイメージが広まってしまわないかが気になります」

引用:http://biz-journal.jp/2016/10/post_16860_2.html

現場から見れば、校閲という仕事を勘違いされるんじゃないかってことですね。

確かにそれはありそうです。

編集に携わってない限り、校閲という仕事は分からないです。

でも、現場の意見からその大変さが伝わってきます。

だからこそ、勘違いされたくないという思いなんですね。

でもここまで批判されるのは別の理由も存在しそうです。

校閲ガールのようなオフィス系ドラマは他にもあります。

でもここまで内容批判されたドラマはそれほどないと思います。

スポンサードリンク

石原さとみも原因?

ドラマでは主人公役の新人として異例の大抜擢をされ校閲部へ配属され、活躍している約を演じています。

石原さとみと言えば、記憶にあたらしいのは看護師発言です。

「看護師になりたいんです」

「もし(芸能界を)干されたら分からないから」

この発言が大炎上しましたね。

そんな石原さとみが主演ということで、少なからずこういった影響もあるのではないかと個人的には思っています。

校閲ガールでの石原さとみの衣装がかわいいとか話題ですが、それ以前に石原さとみ本人に対する嫌悪感も今回の炎上が広がった原因だと思ってしまいます。

勝手な憶測ですけどね。

みんなの感想

校閲ってまた、地味な仕事に目を付けたなぁ・・(笑)というのが最初の感想。実は私自身、夫が昔、出版社に勤務しており、その関係で「校閲のバイトしませんか?」と夫の同僚に声をかけられた。「校閲にはセンスが必要で、そのセンスがyさんにはあると思います」と数回のメールのやり取りで読み取られたのはさすがプロ。そんな目が疲れる仕事は勘弁だわ・・と即お断りしたが、今思えばやっておけば良かったかも(笑)校閲って奥が深いんですね。まあ、実際校閲の分際でベストセラー作家に会って話したり、なんてことはまずないでしょうが。校閲という地味な職業を世間に知らしめる、そういう意味ではこのドラマはきっと重要なポジションを担っているのでしょう。

役者デビューしたての石原さとみさんは演技もよかったし、コメディセンスもあってコレは逸材と思いました。今でも好きな女優さんです。
が、恋愛ショコラティエで可愛い役がよかったからか、以降そういう役が多い。それが好きな「石原さとみ可愛い」って人はこういうので満足なんだと思います。
もっと知的な役も見たいです。早口は封印して。見た目は田舎くさいので無理にいけてる風にせず。
似たようなヒロインを望まれるので仕方ないのかも知れませんが。

アイデアないなあって思う。
石原さとみって前に小栗旬と共演したドラマで、やたら記憶力のあって就活してるみたいなのやってた。就活してるヤツの魅力はみんな記憶力なの?
校閲という仕事のあり方が気に入らないとかあるけど、まずつまんない。
使ってるセリフがダサい。

編集者になりたい、っていう夢を追うのはいいけれど、仕事で失敗して大物作家のプライバシーに入り込んで怒られたくだりで、挽回しないと編集者の道が閉ざされるから謝りたい、っていう思考回路にイラっとしました。人を不快にさせたから申し訳ない、と反省して謝るのではなく、自分の出世の妨げになるから謝る、みたいな態度がどうかと思った。1話の中で、夢のためっていう部分が何度が出てきたけど、周りの人の気持ちは無視してとにかく自分の事が最優先っていう態度、どうなんでしょう?ふつう、夢を追うってステキなことなんだけど、このドラマの場合、追うだけでわがままな感じがしてあまりステキって感じられませんでした。校閲を馬鹿にしてるのも腹立たしい。どんな仕事にも良さがあって、若いからこそいろいろな体験をして成長するっていう姿がまったく見られない傲慢な主人公だわ~と感じました。石原さとみの演技も毎回同じうるさくてつまらない。女優さんって、キャラクターによって演じ方が違うと思うけど彼女はいつも同じ。

結構厳しい意見が多いですね。

いい意見も同じくらいありますが、ドラマなんだから割り切って見ればいいのになと個人的には思います。

でも、みんなそれだけ見てくれてるってことなので、ドラマ的には炎上歓迎ですかね。

スポンサードリンク
いいねよろしくお願いします!
石原さとみも原因?ドラマ「校閲ガール」は批判される内容?感想は?
この記事をお届けした
Answer Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする