ホリケンが入院でいない?顔色画像!悪いのはアトピーや肝臓の病気?

シェアする

hori

どうもAnswerです!

ホリケンこと堀内健さんが、先日のしゃべくり007にて、途中からいない現象が。

ホリケンは以前から病気が心配されていましたが、今回は顕著に顔色に出ていましたね。

スポンサードリンク

しゃべくり007でホリケンがいない?

ネプチューンやくりぃむしちゅーなど人気お笑い芸人が、ゲストを呼んで話を聞くバラエティ番組の「しゃべくり007」。

異変はその2時間スペシャル番組にて、視聴者が気付きました。

「ホリケンの顔色が悪い」

顔色画像がこちら!

a4fc677d79078e06f1cac618ce9531be

さらにゲストが交代して、新たに収録が始まったシーンでは

「ホリケンがいない」

ホリケンが収録から消えたんです。

2ae1a065-b420-405b-a03b-426a51b02f84

ホリケンの席がぽっかり空いてしまっています。

これは確かに、ホリケンの容態が気になりますね。

収録中に消えるなんて、芸能人としてはタブーです。

しかし、番組中にホリケンが消えたことに関して、なんのお知らせもありませんでした。

でも消えざる負えないほどの、何かがあったとしか言いようがないです。

それはやはり顔色に現れていた病気の悪化なんでしょうか。

ホリケン入院か?

番組からいなくなるほど、容態が悪化しているホリケン。

その後テレビ出演はしておらず、その容態が気にかかります。

一部では入院してるんじゃないの?って声もありますが、入院しているかどうかは正確な情報が出回っていないため、確定できません。

スポンサードリンク

でも、あの顔色は尋常じゃない色です。

どんな病気になったらあんな顔色になるのか、調べてみました。

ホリケンの病気は肝臓?アトピー?

ホリケンと言えば、以前からアトピーの病気持ちとして知られていました。

アトピーの原因としては以下の通り。

良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、長期にわたり皮膚の炎症が続くアトピー性皮膚炎。炎症は、本来は体の外から侵入してきた敵と戦って退治する免疫反応によって起こるもので、細菌やウイルスなどから身を守るために必須のものです。しかし、アトピー性皮膚炎ではこの免疫が過剰に反応し、本来退治する必要のないものに対しても不必要に炎症が起きてしまうことが病気の根本にあります。
免疫が過剰に反応する理由としては、もともとのアレルギーを起こしやすい体質(アトピー素因)や皮膚のバリア機能低下も大きく関係しますが、他に、長期間皮膚に加わる強い刺激やストレス、疲労なども免疫を不安定にしてアトピー性皮膚炎を悪化させることがあります。

引用:maruho

ホリケンのアトピーは顔や首周りなどに出来ていて、寝ている最中などに無意識のうちに掻きむしってしまうそうです。

その為にシーツなどに血が付いていたりと、本人に意思に関係なく刺激を与えてしまうんですね。

アトピーが長期化する理由の1つですね。

さて顔色悪化の原因はアトピー治療による副作用なのでしょうか?

実際にアトピー治療に使用されるステロイドを、長期使用すると皮膚が薄くなり、毛細血管が見えるようになるために、顔が赤くなってくることはあるそうです。

しかしホリケンは赤っぽいと言うよりは黒っぽいですよね。

でもまあ、確実にアトピーの影響もあると思います。

アトピー症の患者さんを見てみると、ホリケンのような顔色になっている人もいます。

それと内臓系の病気を患っている時も、肌が黒っぽくなったりするみたいですね。

顔全体がくすんでいて、灰暗色、または紫黒色がかっている場合は腎臓系や心臓系の病気が慢性化、長期化している可能性が高い

つまり、アトピーの影響プラス、内臓系の病気の可能性もあるということです。

ホリケンの今後が気になるところですが、早く元気にギャグを炸裂させてほしいですね。

スポンサードリンク
いいねよろしくお願いします!
ホリケンが入院でいない?顔色画像!悪いのはアトピーや肝臓の病気?
この記事をお届けした
Answer Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする