のん(能年玲奈)の映画での声優は下手か上手いか?洗脳され干された原因は事務所レプロ?

疑問

どうもAnswerです!

能年玲奈こと「のん」ちゃんが、改名後の初仕事は女優ではなく声優でしたね(笑)

声優としての実力や洗脳されて病んでるとの声もありますが、現在も病んでいるのか・・・

 

 

映画「この世界の片隅に」で声優デビュー

能年玲奈ことのんちゃんが、いろいろあって改名後にする初仕事は女優業ではなく声優業ということで、芸能界も世間もよくわからない反応になっています。

 

映画自体はクラウドファンディング(アイディアを出して出資者を募るサービス)で、なんと4000万円もの出資を集めた期待のアニメ映画です!

まずはこの映画の簡単なあらすじをご紹介します!

「この世界の片隅に」は、第2次世界大戦中の広島・呉が舞台。絵が得意な少女すずが、18歳で一家を支える主婦となり、戦争の影響で変わっていく街や暮らしの中でも工夫をこらして食卓を彩っていく姿などが描かれているという。

原作は、こうの史代さんの同名漫画で、片渕須直さんが監督を務めた。片渕さんは映画『マイマイ新子と千年の魔法』で第14回文化庁メディア芸術祭 優秀賞を受賞したアニメ監督。

引用:The Huffington Post

 

さてここで気になるのは、その声優としての演技です。

もちろんこれまで声優としての仕事を受けたことがなく、だいたいこういった映画での芸能人起用だといまいちな演技が多いのですが、のんちゃんはどうなんでしょうか。

言葉で説明するより、PVを見てその声を聞いてみてください。

 

 

いかがでしたか?

個人的にはのんという人物像と映画の雰囲気や画のタッチなどが、合っていていい感じだと思いました。

細かいことを言えば、少し滑舌が気になったりもしましたが、これはこれで自然な18歳の少女という役柄にはマッチしているのかなと。

 

悪く無いと思います!

 

しかし、あまちゃんで共演した美保純さんは・・・

「声優に向いてないかも」

「普段、しゃべった時の感じが…、パフパフパフってしゃべるから」

という意見でしたね(笑)

 

まあ分からんでもないです。

あのタモリさんをも困らせたくらいの存在ですから(笑)

 

での改名については

「芸名変えてから、本当の能年ちゃんがスパッて出てくると思います。もっと爆発して、新しい能年ちゃんが。すごい楽しみです。私も期待している」

という応援コメントがあり、今後の活躍は期待されているようです。

 

結論を言えば、上手いか下手かと言われれば下手とは言わないまでも、上手くもないと言ったかんじでしょうか(笑)

美保純さんのように間近で接した人物のコメントがやはりものすごく説得力があります。

今後声優の仕事をさらにこなしていけば、神木隆之介くんみたいに上手くなると思います!

 

事務所に干され、洗脳され、病んでいるのか?

改名のきっかけにもなった、事務所との騒動、そしてその起爆剤となった演技指導の滝沢充子さんとの無断個人事務所設立など一通りおさらいしておきます。

 

能年玲奈が2015年1月、所属事務所に無断で自身が代表を務める個人事務所を設立。

『三毛&カリントウ』という不思議な社名。

資本金は300万円。代表取締役は能年。

登記簿を見ると役員欄には能年以外に取締役として「魅力開発トレーナー」の肩書きを持つ滝沢充子氏の名前が記載されていた。

会社の目的として〈芸能プロダクションの経営〉などと記載されている。

 

そして現在

 

のんは6月30日に所属事務所のレプロエンタテインメントと契約を終えたタイミングで改名を発表。

一方、レプロは複数の契約違反があるとして法的措置を検討している。

引用:デイリースポーツ

 

スポンサーリンク

疑問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です