大原櫻子は事務所移籍で原因は親?ライブや新曲情報、ツイッターやインスタも紹介!

大原櫻子のプロフィールを紹介!


・1996年1月10日生まれ

・女優、歌手、ラジオパーソナリティ

・東京都出身

・公式ファンクラブは「さくらぶ

・身長158cm

・A型

・歌や演技に興味を持ったきっかけは小学校2年生の頃に映画版の『アニー』を見て主人公役の女の子の表現力に感動し、「のびのびと歌っていて気持ちよさそう」と思ったから

・女優になりたいと思った一つのきっかけは、小学生の頃に見た映画に出ていたダコタ・ファニング

・小学生の頃は『アニー』と『ミス・サイゴン』の影響で芝居も歌も出来るミュージカルが自分のやりたいことにピッタリだと思い、ブロードウェーを目指していました

・特技は、ダンス・ピアノ・バレエ・歌・水泳・ものまね

・ももいろクローバーZのファン

・亀田誠治のファンで、彼が『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の音楽プロデューサーに起用されていることを知ってオーディションに参加したいと思いました

・20歳を迎えてから酒を呑む様になり、日本酒やワインなど大体の酒は嗜むそうです

・洋楽はメロディがよくて明るい曲が好きで、邦楽は歌詞が好きなものが多い

・初めて買ったCDは「アニー」のテーマ曲「Tomorrow」

・初めて人前で歌ったJ-POPは小学1年生のときに母の誕生日に歌ったBoAの「Every Heart -ミンナノキモチ-」

・初めて英語で歌ったのは映画『リトル・マーメイド』のテーマ「Part of your world」

・J-POPを好きになるきっかけとなったのは高校2年のときの文化祭で披露した椎名林檎の「ここでキスして。」

芸能界デビューのきっかけ 

・中学2年生の時、習い事のダンスの発表会のリハーサルにたまたま居合わせたテレビ関係者から、ダンサーとしてデビュー当初の所属事務所だった藤賀事務所に紹介されたからです

・本当は女優志望だったため、もともと俳優の事務所だったこともあり、テストの結果女優としてスカウトされました

・17歳の時、学校の友人からオーディションの存在を聞いて応募した映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロイン理子役に5,000人の中から選ばれ、のちにこの映画により第23回日本映画批評家大賞で新人女優賞の小森和子賞を受賞しました

・演技経験は全くありませんでしたが、映画の内容上求められる歌唱力を監督の小泉徳宏、音楽プロデューサー亀田誠治、原作者の青木琴美らに満場一致で認められての抜擢でした

・オーディションでは当時一番好きだった絢香の「みんな空の下」と美空ひばりの「愛燦燦」を歌い、歌の審査では課題曲として与えられたcharaの「やさしい気持ち」と自分で選んで用意していた美空ひばりの「愛燦燦」と平井堅の「LOVE LOVE LOVE」、そしてその場で『なにかパンチのある曲、ロック調のものを歌ってほしい』と言われて急きょ提案した東京事変の「群青日和」を歌いました

 

大原櫻子は事務所を移籍した?

 

View this post on Instagram

 

ウルフヘアにしました まとめたり、アレンジ楽しんでます

大原櫻子さん(@sakurako_ohara)がシェアした投稿 –


大原櫻子が所属していたのはJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、Victor Entertainmentでした。

しかし2018年9月韻契約終了のタイミングで事務所を移籍していたことが分かっています。

その後新たな事務所は自ら立ち上げた個人事務所になります!

大原櫻子はこれまでにも事務所を変更していることがあり、その理由として以下の記事をみつけました。

一方で、過去の所属事務所と、意外な原因で揉めたこともあるようだとの声もある。

「過去の2度の移籍ですが、揉めたのは彼女自身ではなく父親だといわれています。

彼女の父親は声優で、ナレーターとしても各局で活躍されているAさんです。そのため、芸能界のこともよく知っています。

そのAさんが、マネジメントの方針からギャラの配分まで細かく口を出してくるので、事務所側は面倒くさくなって手放してきたようです。

つまり、一部で『パフォーマンスのクオリティーへのこだわりが強すぎて、事務所の方針と揉めた』といわれていますが、それはAさん側の言い分ではないでしょうか。

彼女自身、女優としても歌手としてもいいところまでいきますが、それ以上ブレークしない。もし、伸び悩んでいる原因のひとつがAさんの存在だとすれば、もったいない話です」

引用

業界のことをよく知っている父親が事務所変更に関係しているみたいですね。

 

大原櫻子の父親はどんな人?


大原櫻子の父親は主にナレーターとして活動する林田尚親です。

どんな人なのか簡単なプロフィールを紹介します!

1962年8月31日生まれ

・男性俳優、声優、ナレーター

・身長168cm

・大沢事務所所属

ナレーター作品
  • 人生が変わる1分間の深イイ話
  • ザ!世界仰天ニュース
  • 嵐にしやがれ
  • 24時間テレビ 愛は地球を救う
  • ぐるぐるナインティナイン(「グルメチキンレース・ゴチになります!」「クイズあの日のTV欄」の回のみ)
  • THE MUSIC DAY
  • 行列のできる法律相談所(2代目ナレーター)
  • news every.(every.特集・女性パティシエ日本一決定戦、2015年8月5日放送)
  • ザ!鉄腕!DASH!!(「グリル厄介」の国分太一登場回における「ゴチ」風の値段予想の場面)

私たちがよく見ているテレビのナレーターをしているのが、大原櫻子のお父さんだったとは衝撃です!!

 

大原櫻子のライブ情報は?

 

View this post on Instagram

 

ZEMAITIS というギター 芸術品 かっこいいなぁ。 ふぁ。

大原櫻子さん(@sakurako_ohara)がシェアした投稿 –


2019年のライブ情報は今のところでていません!

もう少し落ち着いた時期に決まると思うので、情報が解禁されるまで待ちましょう^^

 

大原櫻子のアルバム「enjoy」を紹介!

 

View this post on Instagram

 

新アーティスト写真 公開されました ベストアルバムについての情報も発表されたので見てください☺︎

大原櫻子さん(@sakurako_ohara)がシェアした投稿 –


大原櫻子は2018年6月27日にアルバム「Enjoy」をリリースしています!

このアルバムには全14曲が収録されておりラインナップは以下の通りです。

  • one
  • 泣きたいくらい
  • ツキアカリ
  • energy
  • ひらり
  • 夏のおいしいところだけ
  • マイフェイバリットジュエル
  • Jet Set Music
  • 甘えてしまうんだよ
  • さよなら
  • いとしのギーモ
  • Close to you
  • 青い季節
  • Joy & Joy

是非聞いてみてください^^

 

大原櫻子の新曲はCMソングに!

 

View this post on Instagram

 

ムック撮影してるよ💪 #フード被ったらシュール #メイクさん #kibeburu

大原櫻子さん(@sakurako_ohara)がシェアした投稿 –


2018年4月25日に発売された「泣きたいぐらい」は資生堂から発売されているSEA BREEZEのCMソングになっています!

CMでは聴いたことがあるけど、フルはまだ!って人は是非聞いてみてください。

少し大人な恋が表現されていますよ!

 

大原櫻子の人気曲は「瞳」!

 

View this post on Instagram

 

10月1日に、大原櫻子official site、プレオープンします! お楽しみに~❤︎ P: @kamiiisaka #カメラマン #上飯坂一 さん

大原櫻子さん(@sakurako_ohara)がシェアした投稿 –

大原櫻子の人気曲といえば2015年に発売された「瞳」です。

この曲で大原櫻子は第66回NHK紅白歌合戦に出演しているので、本人も思い入れのある1曲なはず!

個人的にもこの曲のメロディ・歌詞ともに好きです。

 

大原櫻子のインスタを紹介!


2019年2月現在120万人弱のフォロワーがいるアカウントになっています!

大原櫻子のインスタ

可愛く写真をみてたら癒されます!

 

大原櫻子のツイッターを紹介!


大原櫻子のスタッフが運営している運営はこちらになります!

大原櫻子のツイッター

2019年2月現在は2万人弱のフォロワーがいるアカウントになっています。

出演情報について随時投稿されているので、大原櫻子を見逃したくない人はフォローすることをおすすめします!

 

大原櫻子は2018年事務所を移籍していた!

 

View this post on Instagram

 

1月号mini撮影中♪ 紫好きだなぁ❤︎

大原櫻子さん(@sakurako_ohara)がシェアした投稿 –


今回は2018年に事務所を移籍した大原櫻子について紹介させていただきました!

これまでにも何度か事務所を変更したことがあり、その原因はナレーターとして活躍している父親かもしれないということが分かりました。

女優としても歌手としても活動を頑張っている大原櫻子に今後も注目です^^

気に入ったらシェアをお願いします!