柳井正の性格や身長、血液型は?名言が刺さりまくる!孫正義や前澤友作との関係が気になる!

柳井正のプロフィールを紹介!

 

View this post on Instagram

 

#柳井正 #ユニクロ #uniqlo #portrait #photooftheday #photographer #photography #toruhiraiwa #photo #photos

平岩享さん(@hiraiwatoruphoto)がシェアした投稿 –


1949年2月7日生まれ

・実業家、資産家

・ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長、ジーユー取締役会長、2001年よりソフトバンクグループの社外取締役

・山口県宇部市中央町生まれ

・戦後復員した父・柳井等は、正が生まれた1949年に兄・柳井政雄が代表を務める小郡商事から繊維・洋服部門を任され、紳士服小売りの「メンズショップ小郡商事」を立ち上げています

・また1963年にファーストリテイリングの前身となる小郡商事株式会社を設立した人物でもあります

・正が中学生になるころ、父・等は地元のヤクザと組んで土建屋の経営にも手を広げ、次第に街の顔役として幅を利かせるようになりました

・山口県立宇部高等学校を卒業した後は早稲田大学政治経済学部に進みましたが、映画やパチンコ、麻雀でぶらぶらしていた4年間だったそう

・就職先として大手商社を受けたましたが落ちて、父親の勧めでジャスコ(現在のイオンリテール)に入社

・ジャスコ四日市店で家庭雑貨売場を担当しましたが、働くのが嫌になり9ヶ月で退職、半年程友人の家に居候した後帰省して実家の小郡商事に入社

・当時小郡商事が展開していた店舗「メンズショップOS」で取り扱っていたのは紳士服などの男性向け衣料が中心でしたが、12年経営に携わる間、洋服の青山やアオキなどの郊外型紳士服店が業績を拡大したため、後発を避け安価で、日常的なカジュアル衣料の販売店を着想し全国展開を目指しました

・1984年、父・柳井等の後を受け小郡商事社長に就任

・「ユニークな衣料 (clothes) 」ということで「ユニーク・クロージング・ウエアハウス(Unique Clothing Warehouse、略称ユニ・クロ)」と銘打って6月、広島市にその第一号店を開店

・その後中国地方を中心に店舗を拡大していきました

・ユニクロの路線が、徐々に陽の目を見るようになった1991年に社名を「ファーストリテイリング」に変更

・2002年、代表取締役会長兼最高経営責任者 (CEO) に就任

・いったん社長を退くも、2005年には再び社長に復帰

・2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震の義援金として私財から10億円を寄付しています

 

柳井正の身長はどのくらい?


柳井正の正確な身長は分かりませんが、165cm-168cmだと推測できます!

男性としては大きくはない身長ですね。

 

柳井正の血液型は?


柳井正の血液型はO型です!

比較的、人なつっこい性格の方なのかもしれません!

 

柳井正の名言を紹介!

 

View this post on Instagram

 

【最新号に掲載中】山口県の商店街で紳士服小売りを営んでいた小郡商事は、ファーストリテイリングと名称を変え、世界的な大企業へと成長を遂げた。同社の柳井正会長兼社長は、国境や産業の境界が薄れ始めているいま、企業も個人も、世界中のあらゆる問題と無関係ではいられない時代が訪れたと言う。そうしたグローバルかつフラットな環境で勝利を収めるためには、何事にも好奇心を持つことが不可欠だが、現代の日本人には、競争とは勝たなければならないものだという意識自体が欠落していると、警鐘を鳴らす。 #ハーバードビジネスレビュー #harvardbusinessreview #雑誌 #ダイヤモンド社 #dhbr #好奇心 #柳井正

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューさん(@diamondhbr)がシェアした投稿 –

――柳井さんの持論は「失敗しても諦めずに挑戦する」です。心が折れそうになることはないですか。

「いつも折れそうだよ(笑)。僕は、もともと内向的で、経営者に向いてない性格だったしね。

学生のときは、本ばかり読んでいた。商売人どころか仕事しないで一生暮らせる方法はないかな、と思ってた。でも、何度も経験するうちに免疫がついてくるんじゃないかな」

――いつ、経営者としての気持ちが芽生えたのでしょう。

「一番の転機は、実家のある山口県で父がやっていた紳士服専門店を手伝っていたとき、7人の男子従業員のうち、1人を残して6人がやめたんです。それまで、経営者なんて無理だと思ってた。

でも、全部自分でやらなきゃいけなくなったんです。今考えれば、食わず嫌いだったね。失敗も多いけど、やればできることが分かった」

引用

このインタビューでは、昔は食わず嫌いで自分にはできないと思っていましたが経験するうちに、やればできることが多いと分かっていったことを語っています。

何事もやってみないと分からないということですよね!

・グローバルになった今、日本一ということにあまり意味がないんですよ。だって、ビジネスにはもう国境がないんだから。

・危機感がなければ企業経営をやっていても意味がありません。企業は安定することはなく、変化をし続けます。変化がなくなってきたとしたら、それは倒産の前兆です。

・チャレンジしない人生は、意味がない。チャレンジしない企業も、意味がない。

・エネルギーがある若いうちに徹底的に勉強して、徹底的に実行することが財産になる。自分で判断する場面をたくさん経験しないと、成長していけないと思う。

引用

個人的には3つ目の言葉が好きです。

素質や才能がなかったとしても挑戦し続けることで自分が成功できるフィールドを見つけることができるというメッセージが伝わってきます。

 

柳井正の総資産は何億円!?


『フォーブス』が毎年発表している世界長者番付で柳井正はランクインしているので、毎年どれくらいの資産があるのか紹介したいと思います!

2006年―42億米ドル(約4200億円)78位

2007年―37億米ドルで95位

2009年―「日本の富豪40人」で、同61億米ドル

2011年―76億米ドル(約6308億円)

2012年―100億米ドル(約8100億円)

2013年―133億米ドル(約1兆2369億円)

2014年―179億米ドル

2015年―202億米ドル、世界ランク41位

みて分かる通り、年々総資産額は膨らんでいき、現在200億米ドルを超える額に・・・!

 

柳井正がこれまで出版した本を紹介!


柳井正がこれまで2001年~2012年にかけて出版した本を紹介したいと思います!

2001年

  • 『ほぼ日ブックス#001 個人的なユニクロ主義』

2003年

  • 『一勝九敗』

2009年

  • 『仕事学のすすめ 2009年6-7月』
  • 『成功は一日で捨て去れ』
  • 『ユニクロ思考術』

2010年

  • 『この国を出よ』

2011年

  • 『柳井正の希望を持とう』

2012年

  • 『現実を視よ』

 

柳井正が孫正義をどう評価している?

 

View this post on Instagram

 

ソフトバンク 株主総会 2018年6月20日 孫正義 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ソフトバンクグループが描く群戦略は今までになかった経営の形 10兆円ファンドで様々な分野のNo.1企業を集めてNo.1企業の集合体にする 財閥のようにNo.1企業じゃない企業を傘下に入れてしまうと競争力が低くなってしまう また、○○銀行や○○化学のようにブランド名を傘下の企業に入れたり、子会社化しようとすると優秀な起業家はグループに入ってくれない だから、持株比率は20~30%にして成熟したら売却し新たに投資する ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 株主総会では、ソフトバンクグループの業績、群戦略、10兆円ファンドで投資した会社(Uber、WeWorkなど)、現在のソフトバンクグループの時価総額が安すぎることなどの説明と、質疑応答 https://webcast.softbank.jp/ja/detail/video/ref:20180620_01_ja #孫正義 #ソフトバンクグループ #ソフトバンク #SoftBank #SB #群戦略 #10兆円ファンド #SoftBankVisionFund #株主総会 #株 #投資 #トレード #運用 #資産運用 #アリババ #Alibaba #ジャックマー #馬雲 #スプリント #Sprint #マルセロクラウレ #Arm #アーム #サイモンシガース #WeWork #柳井正 #ファーストリテイリング #UBER #DiDi #Grab

pepperさん(@pepper2718)がシェアした投稿 –


柳井正はインタビューで孫正義についてこのように語っていました。

「孫さんは実業家という面もあるが、インターネットの投資家だった。

100社買って99社失敗して、1社で(投資価値が)1万倍になるような。それもそろそろやめてもらいたいと思っているんですよ。

僕は。孫さん、そんな気が散ることをやめてくれと。実業家として生きてくれといっているんだけども、なかなか説得されない。

ソフトバンクは日本を代表する大会社ですからね、大人のソフトバンクになってもらわないとな(笑)

彼には本当に経営者として成功してもらいたい。だからこそ、いつも孫さんの意見には僕が反対するんだ」

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO98503150W6A310C1000000?channel=DF180320167066&page=2

柳井正は2001年からソフトバンクの社外取締役を務めていますが、孫正義の意見にはいつも反対しているようです。

そこでうまくバランスをとれた経営をしているみたいですね!!

 

柳井正と前澤友作はライバルでバチバチ!?

 

View this post on Instagram

 

ファーストリテイリング創業者 柳生正 「どれだけ良いアイデアがあっても、実行しなければ成功もしないし、失敗もしない。それは時間のムダでしかないでしょう。」 #起業 #起業家 #アントレ #就活 #スタートアップ #新規事業 #経営者 #社長 #ベンチャー #ベンチャー起業 #転職 #転職活動 #柳井正 #ファーストリテイリング #名言 * ∞——————————————————∞ The In&公式ラインアカウントでは、MBAを取得した運営陣が「起業」に関する疑問に無料でお答えします。すでに起業をしている方には、大手企業との提携案件を提案できる可能性がありますので、ぜひご登録ください→登録はプロフィール画像から ∞——————————————————∞

The In&さん(@theinandu)がシェアした投稿 –


2018年世間を騒がせた経営者といえばZOZOTOWの前澤友作社長でしたよね。

ユニクロと同じく洋服を扱うお店ということでライバルです。

柳井正はゾゾタウンのことを「おもちゃ」と評価しビジネスモデルが根本から異なると発言していました。

一方でゾゾタウンの前澤社長は柳井正が批判してくれたことに対して「最高の褒め言葉」と煽るような発言をしています。

数年後にファッショビジネスで成功しているのはどちらなのか、楽しみですね^^

 

柳井正はイオンに就職後ユニクロを立ち上げていた!


今回はユニクロの社長である柳井正について紹介させていただきました!

柳井正は実家がお店をしていましたが大学卒業時は興味がなくイオンに就職しました。

しかしその後実家の会社に就職しユニクロをたちあげています。

常に挑戦する気持ちを大切にしている柳井正の精神には応援したい気持ちがわいてきますよね!

今後も日本を代表する企業として頑張ってほしいです!!

気に入ったらシェアをお願いします!