糖質制限は危険か?効果はいつから?外食やコンビニでの食べ方!

ダイエット

どうも、Answerです!

今回は、世の中にあまたあるダイエットの中でも、特に話題となることが多い「糖質制限ダイエット」について書いてみようと思います。

 

 

糖質制限のメリットとデメリットは?体へのリスクは?

その前に、まず糖質制限ダイエットについて説明しましょう。

 

通常人は、炭水化物を体内で加水分解することによってブドウ糖に変え、これをエネルギーにしています。この仕組みを「解糖系」といいます。

体内の炭水化物がなくなると、まず筋肉中にあるグリコーゲンからブドウ糖を作る仕組みが働き始めます。これを「糖新生」といいます。

さらに筋肉中のグリコーゲンも尽きてしまうと、脂肪酸を分解する時にできるケトン体からエネルギーを作り始めます。思いきりザックリと言うと、

体内の脂肪が燃え始める

んですね。この仕組みを「ケトン体回路」といいます。

 

この「ケトン体回路」を機能させることが、糖質制限ダイエットの最大の目的です。

 

ちなみにここで、同じような扱いを受けている「炭水化物ダイエット」との微妙な違いについて。これは、

糖質制限ダイエットでは、食物繊維を摂っても構わない

というところです。食物繊維の多くは炭水化物の一種ですが、消化されないので糖にはなりません。

 

これを踏まえて、メリットとデメリット、体へのリスクについて説明しましょう。

 

まずはメリット。

 

体重が減る

そりゃそうですね。そのために糖質制限を行うんですから。詳しくは、次の章で書きます。

 

血糖値が上がらない

それもそうですね。糖質を摂っていないので、上がりようがありません。

 

すい臓への負荷が減る

血糖値が上がらないということは、血糖値を下げるためのインスリンを分泌する必要がないということです。インスリンを分泌するのはすい臓です。

 

次はデメリット。人体へのリスクも併せて書きます。

 

思考能力の低下

人の脳は、ブドウ糖をエネルギーとして動いています。そのブドウ糖が絶たれるわけですから、当然脳の機能は低下します。

頭がボーッとする

という形で現れることが多いです。

 

コレステロール増加の危険性アップ

炭水化物を摂らない代わりにタンパク質や脂肪をエネルギー源とするんですから、コレステロールは非常に気になります。

コレステロールが体に及ぼす影響についてはここでは割愛しますが、体調管理の上でやっかいなのは間違いありません。

 

筋肉がやせ細る

「糖新生」が働いている段階で筋肉の一部がエネルギーに変わるのですから、これも避けられません。

スポンサーリンク

ダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です