ルカクの筋肉や年棒がやばい!少年時代は貧しく弟もサッカー選手?ドログバと比較されるプレースタイルとは?

ルカクのプロフィールを紹介!

 

View this post on Instagram

 

❤⚽

Lukakuさん(@romelulukakuofficiell)がシェアした投稿 –


・ロメル・メナマ・ルカク

・1993年5月13日生まれ

・ベルギー・アントウェルペン出身

・プレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドFC所属

・ベルギー代表

・同国歴代最多得点記録保持者

・5歳のころ、地元ベルギーのチームであるルペル・ボームFCでサッカーを始めました

・9歳の時にリールセSKのスカウトに才能を見出され、2004年から2006年の間同クラブでプレーしました

・2006年、リールセSKがベルギー2部リーグに降格するのと同時期に、RSCアンデルレヒトに移籍

・ベルギー北部に位置する市アントウェルペンで誕生

・コンゴ民主共和国にルーツを持ちます

・熱狂的なチェルシーFCファン

・2011年8月にはチェルシーFCと契約を結び憧れのチームの一員となりました

・代理人と仲が良く、シーズンオフを一緒に過ごすほどの仲です

 

ルカクの筋肉がイケメンすぎる!

こちらはルカクの筋肉がよくわかる写真です。

「ルカク 筋肉」の画像検索結果

クリロナのようにゴリゴリではなく、バランスのいいちょうどいい筋肉をしていますよね。

この筋肉をみたら彼の身体のあたりの強さが少し理解できる気がします。

 

ルカクのプレースタイルを紹介!

 

View this post on Instagram

 

Violent sense to decide against Roma!

Lukakuさん(@romelulukakuofficiell)がシェアした投稿 –


まずルカクのストロングポイントは、フィジカルの強さ、スピード、パワー、クロスのうまさです。

身体をぶつけられてもぶれないその体は筋トレももちろんですが、生まれ持った才能もあるでしょう。

またジャンプ力もありヘディンングで競り勝つこともできます。

2017年のシーズンではゴール数だけでなくアシスト数も2桁という結果を残しています。

一方ルカクのウィークポイントはどこかというと、足元が特別うまいわけではない、相手を背負うことがない、決定力の欠乏です。

マンチェスターユナイテッドに加入してからは思うほどゴールを決められていないので、更なる進化が求められています。

 

ルカクとドログバがよく比較されている!

 

View this post on Instagram

 

My home country of Belgium!

Lukakuさん(@romelulukakuofficiell)がシェアした投稿 –


ルカクは体格やフィジカル面の強さから、ディディエ・ドログバとよく比較されています!

しかしルカクはこのことについて以下のようにコメントしています。

―ディディエ・ドログバと似ていると言われるよね?

違うと思うよ。ドログバはよりターゲットマンだったからね。僕はもっとボールを持ってプレーし、裏に走っていくタイプだ。

フィジカル的な面では似ているところがあるね。しかし、我々は全く違った選手なんだ。

僕はロメル・ルカクだ。そして、自分の歴史を作っていきたい。

そして、ドログバはチェルシーにいた選手だ。僕はマンチェスター・ユナイテッドにいる。それは大きな違いだね!

https://qoly.jp/2017/07/26/romelu-lukaku-talked-about-didier-drogba-comparison-kgn-1

ドログバと同じとされていることを、よくは思っていないようです。

ドログバに似ているルカクとしてではなく、マンチェスターユナイテッドのルカクとして歴史をつくっていきたいと意気込んでいます!

 

ルカクの年俸は増加している!

 

View this post on Instagram

 

Goodnight! All my fans!

Lukakuさん(@romelulukakuofficiell)がシェアした投稿 –


ルカクの現在の年棒はいくらでしょうか?

2018年は20億円という額をもらっていました!!

ちなみに2017年は18億7000万円だったので増加していますね。

結果を残したから増えたのもありますが、今後の期待も込められた額だと思うのでさらに活躍するよう頑張ってほしいです!!

 

ルカクは代表を引退したの?

 

View this post on Instagram

 

Love the football

Lukakuさん(@romelulukakuofficiell)がシェアした投稿 –


ルカクはベルギー代表引退を考えていると言及し2022年のワールドカップは出場しないとしています。

日本だと代表を引退する理由は年齢や単純に選ばれなかったというのが多いですが、海外ではそれ以外の面で引退する人が多いように感じます。

 

ルカクの弟もサッカー選手!

 

View this post on Instagram

 

West Bromwich

Lukakuさん(@romelulukakuofficiell)がシェアした投稿 –


実はルカクの弟だけでなく、父ロジェ・ルカク、従兄弟のボリ・ボリンゴリ=ムボンボもサッカー選手なんです!

ここでは弟ジョルダンについて少し紹介させていただきます!

・ジョルダン・ザカリー・ルカク・メナマ・モケレンゲ
・1994年7月25日生まれ
・ベルギー代表
・ポジションはDF
・KVオーステンデにレンタル移籍し、2014年には完全移籍
・2016年7月からラツィオ所属

ルカクのようにすごい活躍をしているわけではありませんが、兄弟そろってサッカー選手というのはすごいですよね!!

 

ルカクの少年時代は貧しかった

 

View this post on Instagram

 

We won against Liverpool with 2-1 scored a goal skönta forza West Bromvich

Lukakuさん(@romelulukakuofficiell)がシェアした投稿 –


現在はサッカー選手として活躍し世界で有名なルカクですが、その少年時代は貧しいものでした。

とあるインタビューでルカクはこのように語っていました。

当時6歳だった僕は、学校の昼休みに昼食をとるために家へ帰っていた。

母さんは毎日同じメニュー、パンと牛乳を用意していた。子供の頃はそんなこと考えないだろうけど、僕はそうやってやりくりしていたことを知っていたんだ。

その日家に帰って台所へ向かった僕が目撃したのは、冷蔵庫の前で牛乳パックを持っている母さんだった。

でも、このとき母さんは何かをそこに混ぜていて、それを振っていたんだ。

想像できるかい?

僕には何が起こっているのか分からなかった。そうして昼食を運んできた母さんは、何もかも上手くいっているかのように微笑んでいた。

でも、僕はすぐに何が起こっていたのかを悟ったんだ。

母さんは牛乳に水を混ぜていた。

引用

牛乳に水を混ぜるほど貧しかったというのは、相当だったのでしょう。

子どものころは自分の家が貧しいとかよくわからないと思いますが、大きくなるにつれて周りと比べ自分の家が貧しいと気づきます。

ルカクには兄弟もいるので自分が家族を引っ張っていかなければという思いも持ち、頑張っていたと思います。

またルカクは貧しい生活だけでなく、人種差別を受けていたことも明かしています。

上手くいっているときに新聞を読むと、彼らは僕のことをベルギー人のストライカー、ロメル・ルカクと呼んでいた。

上手くいっていないときは、彼らはコンゴ系ベルギー人のストライカー、ロメル・ルカクと呼んでいた。

引用

プロとして活躍するようになってからも人種差別を受けているそうです。

偏見から分かりやすく人種をいいようにも悪いようにも書きたいメディア側の気持ちも分かりますが、差別を受ける人はそれ以上の傷を負います。

ルカクは影響力があるので積極的に発信し世の中を変えていってほしいです。

 

ルカクはベルギー代表でドログバと比較される選手!

 

View this post on Instagram

 

Muscle 😬

Lukakuさん(@romelulukakuofficiell)がシェアした投稿 –


今回はベルギー代表のルカクについて紹介させていただきました。

ルカクは幼少期貧しい生活をしており、インタビューで当時の壮絶な生活を語っていました。

プロサッカー選手として活躍するようになってからも人種差別にあっていることを感じています。

年収は年々増加しているので結果も残し期待もされている選手なのでルカクの声は多くの人に届きます。

自分と同じように苦しい思いをする人が減るように、ルカクにはサッカー以外にも発信することをしてほしいと個人的に思います!

気に入ったらシェアをお願いします!