松岡修造の妻や父がやばい?年齢やこれまで残した名言語録を紹介!

松岡修造のプロフィールを紹介!


東京都出身

・元男子プロテニス選手、スポーツキャスター、スポーツ解説者

・現日本テニス協会理事強化本部副部長

・マネジメントはIMG JAPAN

・身長188cm、体重85kg

・ATP自己最高ランキングはシングルス46位、ダブルス95位。ATPツアーでシングルス1勝、ダブルス1勝

・1995年ウィンブルドン選手権男子シングルスで日本人男子として62年振りにグランドスラムベスト8に進出しました

・現役引退後はジュニア選手の指導やテニス大会の運営、日本テニス協会の理事を務めるなど引き続きテニスに携わりつつ、スポーツキャスター、タレント、日本オリンピック委員会スポーツ環境専門委員、ミズノスポーツ振興財団顧問など活躍しています

・自身のキャラについては、天然ではなく計算した上でやっているそうです

・松岡は山本鈴美香の漫画『エースをねらえ!』に憧れてテニスを始め、海外遠征の間はいつも全18巻を荷物に入れて愛読していました

・1995年ウィンブルドン選手権では、プレー中も「この一球は絶対無二の一球なり」と日本語で自己暗示を掛け続けていました

・1998年の引退会見の際、松岡は「これは終わりではなく新しい修造の始まり。」と語り、「限界」や「無理」という言葉は会見で発することはありませんでした

・テニス指導者としては、1日指導するイベントなどで若手育成にも力を入れており、JTA強化本部及びジュニア育成本部との共催で、毎年10数名の男子有望トップジュニアを対象に「修造チャレンジ」と題した強化合宿を開催しています

・週刊文春の「スポーツキャスター、解説者 こいつが出るとTVを消したくなるランキング」では大差をつけて1位になりました

・またオリコンの「好きなスポーツキャスター・コメンテーターランキング」では2008年、2009年と連続で1位を獲得しています

・2016年9月のデビスカップワールドグループ・プレーオフ、日本対ウクライナの試合にて、あいにくの雨で予定時間になっても試合開始ができない時傘をさしながら試合開始を待った観客をみて突如、一人でセンターコートに登場して、75分間もの間「即席トークショー」を開催するほど熱い人です

・テニス解説者としては、選手目線に立った解説が特徴である一方で、日本人選手の試合では選手以上に試合に感情移入することもあります。例えば、2016年全米オープンの準々決勝錦織圭対アンディ・マリーの試合では、試合終了直後に放心状態になり、「私も、日本のみなさんも勝った瞬間、感極まって、まるで優勝したような気分になっている」とコメントを残しています

・メンタルが強くなったきっかけは心身統一法を広めた思想家・中村天風でした。天風に出会ってから、ほぼすべての著書を読み、講演テープも聞いたそう。なかでも強く実践しているのは「絶対積極」というもの。病も気から、痛みも気の持ちようで感じなくなるんじゃないかと思った松岡は、歯の治療を麻酔なしでやったこともあります。

 

松岡修造の年齢は?


松岡修造は1967年11月6日生まれで現在51歳です!

年齢を感じさせない熱と元気さですよね!

 

松岡修造の父は実業家?


松岡修造の父は松岡功で、テニス選手、実業家、元デビスカップ日本代表、第11代東宝社長を務めている方です!

1934年12月18日生まれ

・日本アカデミー賞協会名誉会長、日本映画製作者連盟顧問、フジ・メディア・ホールディングス取締役、フジテレビ取締役、川喜多記念映画文化財団理事、公益法人UNIJAPAN評議員

・兵庫県芦屋市出身

・趣味・特技はテニス、ゴルフ

 

松岡修造の妻はどんな人?

「田口恵美子」の画像検索結果
・田口 惠美子(たぐち えみこ)

・1966年2月2日生まれ

・アナウンサーで、かつてテレビ東京に勤めていました

・東京・新富町の出身

・日本女子大学附属高等学校、日本女子大学文学部英文学科卒業、ハーバード大学教育大学院メディア専攻修士課程修了

・1995年には、書籍 『TVニュース七つの大罪 -なぜ、見れば見るほど罠にはまるのか』を翻訳出版しています

・2002年4月~2005年3月までの間には、国際基督教大学客員教授も務めていたこともあります

 

松岡修造のブログを紹介!

 

View this post on Instagram

 

#松岡修造 #ccレモン #応援メッセージ #合格祈願 じゃなくて、#風邪 😷 もう寝ます😷🛌

saiさん(@aigoss501)がシェアした投稿 –


松岡修造のブログ

松岡修造オフィシャルサイトが作られており、プロアスリートにインタビューした様子が記事にされています。

是非チェックしてみてください!

 

松岡修造の名言を紹介!


これまで松岡修造が残した名言を紹介したいと思います。

100回叩くと壊れる壁があったとする。

でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、

90回まで来ていても途中であきらめてしまう。

引用

これは筆者も強く思います。

諦めるからそこで失敗になるわけで、できるまでやり続ければ必ず成功する。

勝ち負けなんか、

ちっぽけなこと。

大事なことは、

本気だったかどうかだ!

引用

勝負は相手に左右されるけど、本気かどうかは自分の問題ですよね!

おまえの終わり方は、

なんとなくフィニッシュだ!

引用

目的や目標を明確にもたないといけないというメッセージだと思います。

特にテニスでは打つところ(ゴール)を明確にもたないと勝負にならないですよね。

ミスをすることは悪いことじゃない。

それは上達するためには必ず必要なもの。

ただし、同じミスはしないこと。

引用

成長していくためにはミスをすることが必要。

だけど同じミスは2度と繰り返すなというメッセージは教訓にんりますよね。

 

松岡修造の父や妻がすごかった!


今回は元テニスプレーヤーで有名な松岡修造について紹介させていただきました!

すごく熱い方ですがそのキャラクターは計算してやっている部分もあり、カメラが回っていないところでは静かにしていることもあるそうですね!

そんな松岡修造の父親は実業家で名の知れたところの会長を務めているほどすごい方で、妻もアナウンサーをしていたなどただものではありません!!

松岡修造はこれまで多くの名言を残し人々を元気にしています。

筆者も個人的にどうしても自分を鼓舞したいときに松岡修造の名言をみたりしていました。

テニスプレーヤーを引退した今も多方面に影響力をもつ松岡修造、今後の活躍にも注目していたいですね!!

気に入ったらシェアをお願いします!