SMAP解散原因の一つはキムタクの母の木村まさ子?ジャニーズを困らせる宗教じみた講演会とは?

疑問

どうもAnswerです!

SMAP解散の原因の一つである、木村拓哉ことキムタクが事務所残留を決めたきっかけの一つが、キムタクの母である木村まさ子さんと関係あるらしい・・・

そんなキムタクの母について調べてみました!

 

 

SMAP解散原因~キムタクは家族を守りたかった?~

SMAPの解散原因は未だにいろいろな情報が錯綜していますが、どれが真実なのかは定かではありません。

ただ、今回改めて浮上してきたのはキムタクが事務所残留を強く望んでいたのは、家族を守るためではないかという可能性。

キムタクはSMAPの中でもダントツの人気を誇っています。

 

そんな彼が事務所からの独立を進めることは、かなりのバッシングを受けたはず。

周りの環境も変わるし、これまでのイメージも変わってしまうかもしれない。

これまで通りジャニーズの後ろ盾があってのSMAPではなくなる訳です。

そうなると、家族が標的にされるのではと考えた結果、残留を決意したのでは?という意見があります。

 

確かに、キムタク以外の4人は独身です。

家庭を持っているからこそ、この独立に対するリスクを考えたのでしょうか。

さらに、娘のこともそうですが、今回のジャニーズ事務所ですら困っている母の存在を守りたかったのかもしれません。

 

キムタクの母 木村まさ子

さて、キムタクの母である木村まさ子さんは、キムタクの母というだけではなく、とある筋でも有名な人なんですね!

 

それは参加費6000円以上の有料にも関わらず、ほぼ満席になる主婦層に大人気の講演会というか朗読会での講師としての一面です。

スポンサーリンク

疑問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です