豊洲新市場土壌汚染対策費はどこに?盛土問題の責任は誰に?小池都知事の嘘?

どうもAnswerです!

今回は豊洲新市場問題についてまとめてみました!

いやー、小池都知事就任早々これはものすごい大問題ですわ(笑)

スポンサードリンク

土壌汚染対策の盛土問題の責任は誰に?

今回の問題は、豊洲新市場への移転に向けて土壌汚染対策をしてきたのですが、その市場の建物の下にあるはずの盛土と呼ばれる汚染対策がされていなかったことが発覚したというものです。

3c928672

この盛土は、安心安全が第一である市場にとっては重要な対策なのです。

ですが、それがここにきて重要な建物部分の盛土がなかったんですね。

でもそれって、なんでこれまで公にならなかったんでしょうか。

それは、隠蔽されてきた可能性が高いからです。

今回都知事に就任した小池都知事が緊急記者会見をして説明しました。

選挙時には「積極的な情報公開をして都政の透明化を図ることを約束する」という発言があったのですが、隠蔽されていた情報を公開しましたね!

ネットでは、小池さんも嘘をついて事実を隠蔽していたなんて書かれていましたが、そうではないんですね。

都のHPには堂々と書かれていたんです。

敷地全体すべて盛土で覆っているということが。

8bd3f0aa

それが・・・

94323d65

重要である建物の下には何もなく、汚染物質であるベンジンが検出された水が溜まっています。

これは言い訳の仕様がありません。

では、今回の大問題の責任は誰にあるんでしょうか?

そもそもこの土壌汚染対策問題は、2001年から計画されていました。

2008年に専門家からの意見で盛土をしましょうと提言されますが、コンクリートでの対策を都が判断します。

img_0007

スポンサードリンク

しかし、結局盛土をすることが決定し、850億円かけて土壌汚染対策を実施します。

a00eb836

費用をかけて汚染対策したはずなんですが・・・

誰に責任があるのかは、単純に過去の都知事やその関係者にあるのではないかと思います。

業者に関してもその責任があるのでは?と言われていますが、業者はそもそもこの盛土抜きの設計図を渡されていた可能性があるんです。

そうなれば、それが正しい設計図として工事が進んでしまいます。

都が認知していて隠蔽してきたとしか言いようがないですよね。

豊洲新市場の土壌汚染費はどこへ?

今回、盛土対策がされていないことを受けてその対策費の行方が謎とされています。

これまで850億円もの費用をかけてきたとのことですが、実際には・・・

img_0008

当初の予算よりもオーバーして、850億円の費用がかかっているはずなんですが、ここで問題なのは発覚した盛土分の費用は一体どこへ行ったのか?という事実です。

あるはずの盛土がなかったのですから、その分の費用が本来ならかからないはずですよね?

それが、かかるはずのない費用がかかっているにも関わらず、盛土はない・・・

さてその117億円の費用は誰の財布へ・・・

こればかりは、謎に包まれたままです。

今後の対策費用

さて、今回発覚したこの大問題。

延期予定でしたが、今後さらに延期ですよね。

専門家によれば、今後の対策としてはまず、侵入した汚染水の除去と侵入させないための対策が必要でそれをするにも数百億円かかるとのこと。

盛土を改めて入れるという選択肢は皆無なようで、そもそもそれだけの盛土をトラックで運び入れたり、重機で土をならすことが、建物が立ってからでは出来ない為です。

さらに、開場していなくても1日辺り700万円の維持費がかかっている豊洲新市場・・・

今後の対応が注目されます。

スポンサードリンク
いいねよろしくお願いします!
豊洲新市場土壌汚染対策費はどこに?盛土問題の責任は誰に?小池都知事の嘘?
この記事をお届けした
Answer Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする